デブの北海道本気食べ歩き旅行日記

作者 ぽみー

106

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 食べることが好きな女性の筆者ぽみーさんが、親友と二人で北海道へ旅行し、美味いものを食べ歩くルポタージュです。

 北海道の食べ物は格が違う。ぽみーさんは空港に降り立った瞬間からクオリティの高さに打ちのめされていく。

 海鮮丼は新鮮でプリップリなマグロ、ネギトロ、鯛、ウニ、カニ、イクラ、ホタテが舌の上で舞い踊る。

 ルタオのチョコレートケーキとソフトクリームは、ふわりと口に広がるショコラの風味と濃厚なミルク味に思わず泣きそうになってしまう。

 甘エビの頭を大量に使用したラーメン「えびそば一幻」では、コシがある太麺とエビの旨味がつまったスープの虜に。

 うまいものに下手な小細工は必要ないとばかりに、苦手な牛乳さえすっきりと飲み干せることに感動する。

 予想を遥かに超える美食の数々に、これまでの価値観を破壊されるぽみーさんの驚きと発見が楽しい。

 一日目は札幌、二日目は豊平峡温泉、三日目は富良野へ、彼女の胃は挑み続ける。北海道を食べ尽くすその日まで。


(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲 優詩)

★★★ Excellent!!!

スーパー・ストロング・スタマックと、わがままボディを武器に、北海道の食 (うまいもん) を食べ尽くさんとする書籍化作家ぽみー氏。

さらば、食欲抑制ホルモン・レプチンよ。
そして――
こんにちは、こんばんは、おはようございます! 食欲増進ホルモン・グレリンさん。


ぽみー氏 vs 北海道のうまいもん


この壮大なバトルに勝利するのは、果たしてどっち!?

……否、もはや勝敗など関係ないのかもしれない。
あるのはただ、至福ホルモン・セロトニンの歓びの乱舞のみ。

★★★ Excellent!!!

何となく読んでしまったが最後、一気に読み進めてしまいました。

とにかく食レポが素晴らしい。
作者さんの食に対するこだわりの強さにも素直に関心します。

どれもこれも美味しそうなので、読んでたら無性にお腹が減ってきました。
そして北海道に行きたくなりました。