別れが訪れるその日まで

作者 無月弟

122

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

みなさんは好きな人に好きだという勇気がありますか? 
ひとりで勇気が出ない時、誰かがそっと背中を押してくれたら頑張れるのにな〜ってことはないですか?
主人公の芹ちゃんのそばには血を分けた双子の姉妹の姉の奈沙ちゃんが付いて(憑いて笑)います。
今は告白する勇気が出ない、意地悪な女の子に歯向かう勇気もない、でも少しずつ頑張るうちに自分が変われていく。その彼女の成長を助けるのは奈沙ちゃんです。いつでも彼女はそばで芹ちゃんの学校生活を応援しています。
物語を通してひとりの女の子が開花してゆく姿、その成長を感じとることが出来るのではないでしょうか?

途中ふたりが喧嘩するシーンもあったのですが、リアルでとてもいいシーンだと思いました。姉妹でも一緒に生きてるとわだかまりもありますよね。雨降って地固まる。絆を確認し合ったふたりは強いです。

ちょっと不思議な姉妹の絆の物語です。
気になる方はこっそり振り返ってみて下さい。もしかすると我々も視えない誰かが背中を押してくれているかもしれませんね(=^ェ^=)

★★★ Excellent!!!

芹には誰にもいっていない秘密があります。
それは死んだはずのお姉ちゃんが見えるってこと。
つまりお姉ちゃんは幽霊なのでした。

しかもこのお姉ちゃん。双子で、さらには自分より明るく優れている(と芹は思っている)姉なのです。

双子の姉が亡くなっている、と書くとしんみりしてきますが、どっこい、このお姉ちゃんは死んでるのに元気です。カラッとした明るさで悪気なく芹を振り回す。ぜんぜんしんみりしてません。この子はたぶん幽霊になってパワーアップしちゃったんじゃないでしょうか、ってくらい元気です。

誰にも見えない無茶ぶりお姉ちゃんが自分にだけ見えるってだけでも、なかなか気を遣う日常なのですが、そこへさらに気を遣う展開がやってきます。

幼馴染の男の子が引っ越し先からリターンですよ。転校生はイケメンってことでざわつくクラス。彼氏にしようとギラギラ狙っている女子もおりまして波乱の予感です……。

あまり自分に自信がない芹と、騒がしい幽霊姉、優しい幼馴染の男の子、そして悪役のあの子もあげておきたいですが、ここはペットの猫ちゃんを推しておきましょうか。姉妹ケンカのシーンは可愛すぎました笑

大人しい妹、芹ちゃんが一歩踏み出す、優しさいっぱいの作品です。

★★★ Excellent!!!

読了後のレビューです。

読み終えたあとに感じるのは、自分が中学生だった時の気持ちやもしもこんな男の子に会えてたら……というふわふわした想像、そして誰もが一度あるいは繰り返し感じる家族や親しい誰かに向けたある感情への共感と悲しみです。
私も引っ込み思案だったので、主人公に自分を重ね楽しく読み進めることが出来ました。

読了後に感じることが出来る完結後にも続く主人公のドキドキとバタバタな日々。
是非、一読を‼︎

★★★ Excellent!!!

少し引っ込み思案な性分の主人公、芹。
芹は、勘が鋭いと皆に思われています。でも、本当は亡くなった彼女の双子の姉が幽霊になっていて、芹に色んな情報を教えてくれているのでした。
芹は、幽霊になってもパワフルな姉に振り回されつつも、楽しく中学生活を送っていました。
そんなある日、男子転校生が芹のクラスにやってきます。しかも、彼は芹とお姉ちゃんの幼馴染で……

コメディタッチの幽霊譚であり、恋のお話でもある本作。
作中で起こるトラブルや主人公の悩みを、主人公たち双子が力を合わせて乗り越えていく姿が印象的な青春恋愛ストーリーです!

★★★ Excellent!!!

このお話に登場するのは、とっても仲良しな双子の姉妹。
見た目こそ双子ですので似ておりますが、性格の方は真逆。

よく笑い、明るくて活発な姉の奈沙ちゃん。
それとは反対に引っ込み思案で目立たない妹の芹ちゃん。今回の主人公は妹の芹ちゃんの方です。とはいえお姉ちゃんも大活躍しますので、W主人公と言っても過言ではないんですけども。

あらすじにもありますけれども、このお姉ちゃんの方がですね、実は既に亡くなっております。そしてタイトルをご覧ください。『別れが訪れるその日まで』ですよ。

もうこれ、絶対ラスト泣くやつじゃん!

身構えましたね。

いや、別にね、お別れエンドが駄目とかじゃないんです。泣くのもね、全然あり。ただ画面が見えなくなるだけだから。全然嫌いじゃない。

そう思って読み始めたわけですよ。
途中ね、「何だクソ、女子の嫌なところを凝縮したようなやつだなお前!」と怒りに身を震わせたりもしましたし、「出た――!それでこそヒーローでござる――!」と拳を振り上げて鼻息をフスフスさせたりもしました。そういうシーンがあります。ご期待ください。

それで、そう、感動のラストですよ。
もちろんネタバレ出来ませんので書きませんけども、ただね、大丈夫とだけお伝えしたい。

もしも、「あー、お姉ちゃんの方亡くなってるのかぁ。それじゃあどうしてもしんみりした話になるんじゃないのかな」みたいな感じで読むのを迷っている方がいたら、この私の「大丈夫」という言葉を信じて読んでみてほしい。完結してますんでね、もう一気に読めますから。

★★★ Excellent!!!

本好きでおとなしい鈴代芹ちゃんは、勘がいいと言われています。
その理由は……。なんと、三年前に交通事故で死んだ姉・奈沙(なずな)ちゃんが幽霊としてとりついていて、いろんな情報を教えてくれるから。

けれど、奈沙ちゃんの姿が見えるのは芹ちゃんと飼い猫のボタだけ。
奈沙ちゃんは幽霊と思えないほど元気で活発ですが、きっといつか来るだろう別れの日を心の奥で覚悟しながら、過ごす芹ちゃん。

そんな芹ちゃんのクラスにある日やってきた転校生は、昔、近所に住んでいた紫苑君で……?

紫苑君の登場により、どんどん動いていく状況。
芹ちゃんの秘めていた恋心はどうなるのか、そして、幽霊の力を使うたび、調子を崩す奈沙ちゃんは……?

にぎやかで甘酸っぱくて優しい物語。どうぞお楽しみください(*´▽`*)

★★★ Excellent!!!

主人公の芹ちゃんは、姉を事故でなくしていた。
悲しんでいた彼女のもとに、ひょっこり現れるのは、姉の幽霊。

そこへ、過去好きだった男の子が転校してくる。
姉との三角関係?
いえ、そこは本文で楽しんでください。

超嫌なやつの同級生との、やりとりとか、青春です。

ほっこりする、恋物語。
どうぞ、お楽しみください。

★★★ Excellent!!!

 文章がお上手で読みやすい、安定感がある良作です。
 物語は双子の姉妹を中心に描かれていくのですが、実は、この姉妹の片方は幽霊です。
 そして、二人の元に幼馴染で王子様な男の子がカッコよく成長して帰ってきて――。
 恋のときめきがぎゅっと詰めこまれていて、読者もまた、主人公に想いを重ねて一緒にドキドキしてしまうこと間違いなしです。
 また、主人公を取り巻く人物たちの距離感が絶妙で、作品の空気感もとても魅力的に感じます。
 タイトル『別れが訪れるその日まで』が何を意味しているのか、ちょっぴり怖くもありますが……。
 いつまでも離れることなく、主人公の心模様をずっと見守っていたい、そんな温かい気持ちにさせられる作品です。
 お薦めです。

★★★ Excellent!!!

主人公の女の子は双子の妹のほう。
姉は幽霊になってふらふらしています。
あらすじにあるからバラしてもいいよね。
陽気な幽霊姉と、ちょぴりネガティブ妹が
力を合わせたり、ちょっぴり仲をこじらせたり
恋愛問題を乗り越えたりします。

飼い猫のボタも活躍するよ。活躍はしないか。