鬱持ち底辺web作家が、書籍化から打ち切りになるまで

作者 ぽみー

536

184人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これは刺さる。
基本的には継続して続刊を出せている作家さんしか目にすることがないので、こういうお話はとても興味深かったです。
結婚と同じで書籍化はゴールじゃなくてスタートなんですよね。
歌手もデビューした後、コンスタントに曲を出せるか、売れるか、それが大事ですものね…。
書籍化されたタイミングも難しかったのかなと。
ただ、こういうのって本当に鋼のメンタルとバイタリティがないと出来ないと思います。
辛かったけど、作者さんがまたペンを握る気持ちになれて本当によかった。

★★ Very Good!!

自分にはかなりきつい内容だったのでご容赦ください。
最後の経験から得ての教訓として書かれていることは、プロとして活動するあらゆるジャンルに当てはまります。
とくに一人で活動する分野、eスポーツ・囲碁将棋・漫画家・イラスト・Vtuberなどにですね。
もちろん我々の多くが目指す作家も。
もしもチームで働いているなら「自分を」が「自分と仲間も」になると思います。

星二つにした理由は、生々しすぎて読み手にきつかったところでしょうか。ある程度フィルターかけて書いてもらえたら、読みやすかったかもしれません。

★★★ Excellent!!!

Web小説を読んでいると頻繁に遭遇する「書籍化」という文字。
そこにはどんなドラマが待っているのか?

作品を書くに至った動機や経緯、
自分の作品に第三者から商品価値を認めてもらえた喜び、
Web小説の商品化に必須の苦難の道「校正」はどう辛いのか?
自分の本が売り場に並ぶ幸せ、周囲の目はどう変わるのか?
そしてその後、Web小説家には何が訪れるのか?

そんな「書籍化」作家の身に訪れるジェットコースターのような喜怒哀楽の数々を本作は豊かな文章力で追体験させてくれる良エッセイとなっています。

読み終わった頃には、きっとみんな「書籍化」作家さんに対して、これまでよりもちょっと優しくなれることでしょう。

★★★ Excellent!!!

書籍化は楽しい事ばかりではない。
書籍化はゴールなんかではない。
小説を書いているうちに多くの人が思い描く「書籍化」という夢。
それが良い事ばかりではないことを教えてくれるエッセイだと思います。
一度、これを読んで見ることをおすすめします。
もしかしたら、あなたの価値観がガラッと変わるかもしれませんよ?

★★★ Excellent!!!

書籍化経験者である作者さんが、自らの体験をつづるエッセイ。
つらさや苦労も書かれているのですが、何よりも、書籍化の経験を通じて伝わってくる、「書くことの喜び」「作者にとっての作品とは何か」が胸に迫りました。

途中にある、《でも、生まれてきてくれてありがとう。》は刺さりました。

「書く」って、基本的に孤独な行為だと思います。
その孤独な行為の燃料になってくれるのは何か、照らしてくれるのは何か。
読めてよかったです。
創作をしている方なら、きっと励まされる内容だと思います。

★★★ Excellent!!!

書籍化にあたってこんなことがあるということを知れて、世界の裏側を見ることができた気持ちです。
物事には綺麗な側面とそうでない側面があって、このエッセイでは特に後者について考えさせられます。
作者さんがこれからも小説をつくり続けてくれたら嬉しいな、と思いました。

★★★ Excellent!!!

知人のレビューから一気に読ませて頂きました。
時にはうるっと。
作者さまの赤裸々な気持ちがここにしっかりと刻まれています。
Web小説を書かれている皆様にぜひ読んで頂きたいな思いました。
後半はこの作家さまだから言える説得力あるメッセージにすごく励まされると思います。
このエッセイを読めてとても良かったです。

★★★ Excellent!!!

不快になる方がいるかもとは書いてあったが、私にとって不快になるような事は書いてなかった。

むしろ大きな励ましを頂いた。
酸いも甘いも嚙分けたかのような人を惹きつける文章は読んでいて心地よかった。

為にもなるし励ましにもなったが、文章として私は楽しめた。

こんな文章を私も書きたいものだ。

★★★ Excellent!!!

書籍化してヒットしなかった場合に経験するであろうあれこれが客観性をもって書かれていますが、ネガティブではなく、むしろポジティブな印象を受けました。

じんわり感動。素晴らしいエッセイです。

文章が上手なだけでなく、個性とセンスを感じました。