記憶掏摸(キオクスリ)

作者 神寺茉莉(かんでら・まつり)

173

60人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公は他人の記憶を掏るったり、保持したり、返したり出来る能力者・スリラーだ。このスリラーの技は、ある女性によって授けられた技で、協会に属さなければならないという決まりがあった。しかし、最近は協会を無視する野良スリラーも存在して、問題となっている。
 それはさておき主人公は、今日も恋の悩みを解決する。多いのは誰かを好きになったが、その想いが苦しくて耐えられないから、その記憶を掏ってくれというものだった。この場合、好きだったという記憶そのものを掏ることで、相手が誰を好きだったかも忘れさせる。依頼者が記憶を返せと言えば返すのだが、記憶は感情に脚色されていることが多い。
 さて、他人の恋の悩みは解決できても、自分自身の悩みの解決はなかなかできない主人公だったが、意中の相手からも相談を受けて……。

 とても読みやすく、短編ながら伏線回収が巧い一作でした。
 
 是非、御一読下さい。