僕の妹コレクション

作者 御角

読み終えて分かる、タイトルの悪趣味さ(誉め言葉)

  • ★★★ Excellent!!!

留守電に残されたメッセージという形で残された、そこはかとなく繋がっているような雰囲気の漂う一つ一つのエピソード。

一話読んだ時点では不穏な雰囲気を感じつつも普通の留守電かな?と思いましたが、二話目から一気にその様相が変わります。
そしてそこから毎話明かされる情報が徐々に繋がり、指数関数的に物語の真相を浮かび上がらせてくる構成が実に見事。

そしてそれ故に、読者にそこまでの話が留守電のメッセージであったことの意味が重くのしかかってくるのです。
最終話まで読み終えた時。怖さや恐ろしさと共に、「この物語が出来てしまった」ことへのやるせなさを感じずにはいられませんでした。

切実な想いを感じる毎話のエピソード。
読み終えてタイトルの意味を理解した時に感じるであろうゾクリとした感覚。
ぜひ味わってみて欲しいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@oz3000さんの他のおすすめレビュー 1,440