顔のない死体

作者 谷 久下

最終話 行きずりの雨」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 谷久下 さま

    お疲れ様です。岩田へいきちと申します。お名前で検索してもなかなか上手くいかなくて、やっと小説までたどり着いて読ませていただくことが出来ました。とてもリアルで面白かったです。ぼくの友だちも昼間の仕事へ移ろうかとずっと悩んでおりました。悩んだからなのか、今は海外です。この作品紹介しておきました。国内でやっている子にも。
    ぼくには、こんなに素敵な描写では書けないので表現も勉強させていただきました。ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

  • ゆっくりと消費させて頂く予定が、佳境を迎えるに連れ「早く結末を知らなければ」という思いに駆られてしまい読了してしまいました。

    最後のお話で現実に突き返された気分です。

    とても楽しいお話でした。自分もこの作品のような繊細な表現が書けるようになりたいと思います。

    お疲れさまです。ありがとうございました。

  • 他人とは違う世界が見えている女性ですね
    現実から現実へ逃避した気分で読みました

  • 始まりから終わりまで、とにかく表現が素敵でした。
    楽しませてもらいました。
    おつかれさまです。

  • こういう類いの小説は久しぶりに読みましたが裏稼業の世界にも生き方があって人がいるからそれだけ物語があると思いました

    完結おめでとうございます

  • 読みやすくて、おもしろく一気読みしてしまいました。
    裏社会で生きる人間のもの悲しさを感じ、まさかアユミの豊かなバストにあんな物が隠されていたとは驚きです。