顔のない死体

作者 谷 久下

第1話 みい子の話」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 情景描写と心理描写がリンクしてテンポよくイメージが広がっていきました。
    これは、引き込まれます!

  • 詩のような文体とテンポの良さで、陰鬱さや雑然とした雰囲気を感じられました。都会の夜、知らない世界を垣間見ることができた気がします。

  • ノートに訪問頂きましてありがとうございます。

    流れるような文体と不穏な雰囲気につい読み入ってしまいました。

    淡々と物語を語るみい子さんも魅力的です。

  • ノートへの訪問ありがとうございます。

    すこし曇った雰囲気の文体、スマホ一行分の構成、素晴らしいです。

    ここから読み進めますね。

  • こんばんは。先日は私の近況ノートにご訪問ありがとうございました。
    明るいのにどこか重苦しい街の雰囲気が伝わってきます。

  • 夜の雰囲気、不穏な感じ、圧倒されました。
    つづきもじっくり読ませていただきます。

  • 言葉選びに感動しました。私の作品に評価ありがとうございます。