第2話

さすが『住みたい街』アンケート第一位だけある。

 駅前広場に出て、周りの景色を眺め渡しながら、僕は思った。

 ここ青葉台市は、中部地方に新たに造られた学園都市である。

 年間犯罪発生率、実に0%。

 小中高校での年間いじめ発生件数0。

 清流と緑に囲まれた、まさに理想の居住空間だった。

 円形の駅前広場から放射状に伸びる道路には塵ひとつなく、立ち並ぶ真新しい住宅は、どれも控えめに個性を主張していて、自然の多い景観にしっくり溶け込んでいる。

 街を歩いている人々の顔つきも、心なしか温和で、皆幸せそうに見えた。

 青葉台市は盆地の中心に位置するため、周囲は山々に囲まれている。

 その南側の山麓に光る白亜の建造物が、僕がこれから向かう大東亜国際大学だった。

 大学までは相当距離があり、地下鉄に乗る必要があった。

 僕は春の予感に満ちた空気を胸いっぱいに吸い込むと、JRの駅に隣接する地下鉄の駅へと歩き出した。

 きょうはまず大学に顔を出し、その後借りたマンションに直行して荷造りをほどく予定である。

 これから始まる新生活のことをあれこれ想像すると、自然に気分が昂ぶってきた。

 講義が始まるのは来週だから、しばらくはのんびりと過ごすつもりだった。

 駅のホームの壁には、「welcome 青葉台!」とか、『おいしい水と空気の街、青葉台』などと書かれたポスターが等間隔に貼ってあり、地下鉄の駅の入口までずっと続いていた。

 僕の目を引いたのは、ポスターのイメージキャラクターだ。

 真っ赤な髪の、可愛らしい少女である。

 ツインテールの髪、セーラー服を基調にした超ミニの衣装。

 いかにもアイドルっぽいが、見たことのない顔なのだ。

 連続して貼られたポスターの中の彼女はそれぞれ微妙にしぐさが異なっていて、ちょうどパラパラ漫画のような感じだった。

 JR駅側の最初の一枚はおとなしいポーズなのだが、地下鉄の駅に近づくにつれ、だんだんとポーズが過激になっていく。

 最後の一枚では、大きく振り上げた脚の間から、真っ白な下着が見えていた。

 いいのかな、これ。

 フェミニスト団体から苦情が殺到するんじゃないかと、他人事ながら心配になった。

 エスカレーターで地下に降りる。

 少女のポスターはまだずっと続いている。

 ホームに貼ってあるものは、完全に水着姿になっていた。

 ホームに下りると、真ん中の乗車位置にだけ、人だかりができていた。

 その昇降口の上に、『いろは専用車両』なる電光掲示板が点滅している。

 いろは?

 何だろう?

 なんとはなしに列の後ろに並びながら、僕は首をかしげた。

 そして、そのときになって初めて、周りの空気が普通でないことに気がついた。

 列に並んでいるのは全員男なのだが、みんなひどくぴりぴりして、殺気だっているのだ。

 地上ではあれほど温和に見えた住人たちの顔が、なぜかここでは獰猛な獣じみたものに見える。

 歳は制服姿の中学生から杖をついたお年寄りまで、幅広い。

 が、なぜだか誰もが異様に目をぎらつかせ、息を喘がせているのだった。

 席を取るために殺気立っているのだろうか。

 が、それはおかしい。

 坐りたければ、何もこんなところに固まらないで、人の居ない乗車位置に移ればいいだけの話である。

 あれこれ頭を悩ませていると、やがて轟音を響かせて地下鉄が入ってきた。

 『いろは専用車両』にだけ、ドアのところにあの少女のポスターが貼ってある。

 下は小さな黒い下着、上は手ブラというあられもない姿に変わり果てている。

 -中央の三番車両は、この時間、『いろは専用』となっておりますー

 アナウンスが告げた。

 ー・・・が必要な方は、いろは車両にお乗りください。

 ざわめきにかき消され、肝心のところが聞こえない。

 ぼうっと立っていると、背中を強く押された。

 開いたドアに向かって、ものすごい勢いで乗客たちが動き始めたのだ。

 中に押し込まれる寸前、人々の頭越しに僕は見た。

 地下鉄の中に、彼女がいた。

 彼女・・・。

 そう、ポスターの少女が。

 そのとき、僕の頭上を一匹ののトンボがすり抜けた。

 機械でできた、銀色に光る小型のトンボだった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る