好きだったあの子からラブレターを貰ったのに、彼女はもう死んでいた。

作者 西都 徹也

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?