伝九郎は留守にて候

作者 葉城野つき

27

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

原案のある作品とのことですが、特筆すべきは文章そのものの素晴らしさです。
平穏な日常生活での人々の生きる姿や、決闘の場面での息を呑むほどの緊迫感が、まるで目の前に浮かぶほど活き活きと綴られています。
武次郎、芙希、そして閑助老人、それぞれが血の通った人間だと感じられました。

静から動へ、展開の緩急の表現も見事でした。
キャッチコピーにもなっている言葉が、最大限の重みを持って伝わってきました。
武次郎と共にハッと目が覚めて視界が開けるような気持ちになりました。人間の生き様を考えさせられました。
本当に素晴らしかったです!