鬼ヶ島の殺人

作者 肉級

40

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

三太郎のCM、いいですよね。
時代物なのに現代の感性で、かるくポップな世界観。出てる俳優さんたちも、みんなハマってる。
あれを小説にした感じ。

パロディっぽいコミカルな文体にグイグイひきこまれて読むうちに、意外にしっかりした内容に驚かされるはず。トリックも昔話と現代をミックスした世界観ならではのものだし、犯人は意外なあの人!

そして、予想以上に深い人間ドラマが最後に待っている。

会話文多めで読みやすく、楽しく、印象深いミステリーでした。

(星は個人的に短編の場合二個までと決めてますので、あしからず。本来三個にふさわしい作品でした。何しろ、この作品は二回読んだ)

★★★ Excellent!!!

桃太郎を題材としてて、面白いです。

桃太郎が被害者です。
容疑者もおなじみのキャラです。

「桃太郎さんが鬼退治に向けて決起集会しようって言い出して、吉備団子を一人ずつ配ったの。それをこう、乾杯? みたいに掲げて各々一口齧ったわけです。そしたら彼、急に苦しみ出して……」


桃太郎毒殺の謎を考えながら、読んでみてぐさい!





★★★ Excellent!!!

 いつも「ありそうで無かった」ものを出してこられる作者様、今回はお馴染みの『桃太郎』を題材にした本格ミステリーです。

 桃太郎、キジ間、サル渡、イヌ塚の4人が吉備団子を食べた直後、桃太郎が死亡した。彼を殺害したのは誰なのか。探偵金太一がその謎に挑む……。

 ミステリーとしても人間ドラマとしても大変面白いです。短い時間でミステリーを楽しみたい方には是非お勧めです!