カクヨムにおけるレビューの解説と私的心得

作者 @oz3000

219

77人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

作者は、レビューを書くことを楽しんでいる。
自分なりの作品の分析&解釈でまとめることで思い出となり、自己満足感や達成感を得ている。
もはや趣味の一つとしているのだ。
故にレビューを書いていると語っている。
もちろん、面白い作品を読ませてくれた作者への感謝の念も忘れずに。

みんなも、レビューを書く時は楽しもう。

★★★ Excellent!!!

カクヨム公式のレビューを見て、こちらの作品を拝読させていただきました。

皆さん、悩むところは似ているというか、人様の作品を紹介するというのは難しいなと改めて感じもし、襟をたださなければと身の引き締まる思いもしました。

本作品はカクヨム内におけるレビュー機能とはなんぞやというハウトゥーとご自身のレビューに対する思いが綴られております。

各項目ごとに分かれて丁寧に分かりやすく説明されていますので、レビューに対してお悩みの方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

この作品がカクヨムをご利用されている作者様、読者様、運営様、それぞれに素敵な出会いとなりますように。

★★★ Excellent!!!

皆さん、気に入った作品にレビューを書いていますか? 作品にレビューがつくと作者さんも喜ぶし、レビューをきっかけに新たに手に取る読者さんも現れたりして良いこと尽くめ。

しかし、いざ書こうと思っても何を書いていいかわからない。あるいは変なことを書いてしまうのではないかと心配で書けない。なんて人も多いでしょう。そんな方々に是非読んでもらいたいのがこの作品。

レビューを書くことの利点に始まり、適切な☆のつけ方や効果的な『ひとこと紹介』の書き方など、カクヨムならではのレビューの要素を上手く紹介してくれています。それ以外でもネタバレにはどのくらい気を使うべきか、あまりよろしくないレビューの特徴などにもしっかり触れており、かゆいところにまで手が届く内容になっています。

また作者はレビューの書き方ばかりではなく、なぜ自分がレビューを書くのか、そしてなぜ他の方にもレビューを書いてもらいたいのかという点についても言及しているのですが、これが実に同意できる!

というわけで、レビューを書きたい人は是非これを参考にして、自分の推したい作品の魅力をより多くの人に伝えていきましょう!


(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

そういう方、他にいらっしゃるかは知りませんが、
私はレビュータイトルの通りです。

どう書いたものかなぁ、誉めたつもりで悪いこと書いてないかなぁ、
何より、自分が書いたレビューが面白くなさそうなせいで
新たな読者を払ってしまったりしやしないだろうか、と臆病になったり。
そもそも何書きゃあいいか分からなかったり。

そんなんで積極的にレビューを書いたりしないタイプなのですが、
こちらでちょっと前向きになりました。

レビューを書くのが如何に良いことで書く側にとっても楽しいことか、
そして私みたいなタイプが気にしがちな「気をつけるべき点」を
丁寧に考察して伝えてくれています。

というわけで一筆取ってみました。
私が本作からしっかり学んでレビューを書けているかは、
皆さんが実際に読んで確かめて下さい。