終末のラッパは鳴りやまない

作者 陽澄すずめ

驚きの結末

  • ★★★ Excellent!!!

物語としては納得なのに、結末に「えー!?」と驚いてしまったのは、すずめさんの作品群の中で【純粋なバッドエンドが珍しい】から…かな。
どんなに苦難の物語でも必ず登場人物達が打ち克ってきたし、たとえバッドエンドでも運命に抗おうとする意地が描かれることが多かった。
本作品は【抗いようのないバッドエンド】。えーん。

でも、もしヒロイン側の視線で書かれた物語だったなら――すずめさんの作品だから、やっぱり強さを感じさせて終わるんじゃないかな。
最期に手を差し伸べたシーンにも、そんな予感があった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

もしかしたら、本当にこんな事情を抱えて生きてる人がいるかもしれない……そんな風に想像させられる主人公は、フードデリバリーのバイトをしています。
ある日。そんな彼は、同じバイトをする女の子に出会うので… 続きを読む

いそねさんの他のおすすめレビュー 125