死んだはずの親友がVTuberになってた話

作者 異世界新海

少女たちの甘くあわくはかない幻想

  • ★★★ Excellent!!!

中高生の頃。

漠然とではあるが死に仄かな憧憬を抱いていた。


代わり映えのしない毎日が退屈で、

授業も、部活も、放課後に友達と遊ぶにしても、

特別な日などなく、昨日と同じ今日が続いた。

死はその日常を断つための、

不意に思い浮かぶひとつの手段だった。



あの頃の私を振り返ってみると、

余りにナイーブだったように思う。

それでいて、純粋でもあった。

仄かな憧憬を昇華しないまま年を経て、

未だに漠然とながら蠱惑的な死の幻想を垣間見るものの、

当時のような眩いばかりの煌めきは失われていた。



この作品では、

私がすでに失ってしまった、

眩いなにかが描かれている。

いたく懐かしく思う。


純粋で、透明で、冴えわたったあの頃の断片を、

深い記憶の底から呼び起こしてくれた。



興味を持った方は、ぜひとも御一読いただきたく思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

testtestさんの他のおすすめレビュー 386