罠に掛かった鶴を助けてあげた夜、銀髪の美少女から同棲を申し入れられました。どう考えても助けた鶴なので、全力でこの同棲生活を死守します。~大江戸ラブコメ&スローライフ浮世草子~

作者 九条蓮@カクヨムコン6 CW漫画賞受賞

501

184人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

個人的にはこの江戸ラブコメは当たりでした。
舞台は江戸時代とされていながらも、しっかりとストレートなラブコメだと思います。主人公は適度に馬鹿(褒めてる)で、ヒロインも可愛くていいですね。
鶴の恩返しの昔話をモチーフ?にしていて、時代の情景描写もしっかりされているので、ラブコメではありながらも時代感があって、他の作品とは少し違う読み応え。ラブコメらしい微エロもあって、本当にいい塩梅。 欲を言えば、もう少しスローライフの要素が欲しいといったところでしょうか。
ヒロインが本当に鶴なのか、それとも記憶喪失なだけの人間なのか?色々想像を掻き立てられます。

1話時点でレビューさせて頂いたのですが、15話まで読んだ感想を元に編集しました。面白いので読んでみて下さい。

★★ Very Good!!

時代小説に捕物帳はよくありますが、本作はラブコメを持ち込んだ異色の作品です。“自分は民話「鶴の恩返し」の轍は踏むまい”と奮闘する主人公がいい。ビスマルクの名言「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。私は自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む」を思い出しました。