罠に掛かった鶴を助けてあげた夜、銀髪の美少女から同棲を申し入れられました。どう考えても助けた鶴なので、全力でこの同棲生活を死守します。~大江戸ラブコメ&スローライフ浮世草子~

作者 九条蓮@カクヨムコン6 CW漫画賞受賞

時代小説でラブコメ!

  • ★★ Very Good!!

時代小説に捕物帳はよくありますが、本作はラブコメを持ち込んだ異色の作品です。“自分は民話「鶴の恩返し」の轍は踏むまい”と奮闘する主人公がいい。ビスマルクの名言「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。私は自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む」を思い出しました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

A・S生さんの他のおすすめレビュー 82