居酒屋で酔い潰れていた僕。目が覚めたらそこはホテルで、ベッドで、隣には看板娘がいた

作者 悠/陽南ゆうい

社会の闇に咲く退廃的な恋華

  • ★★★ Excellent!!!

些細なきっかけで起こる社内いじめに耐え、踏ん張っていた主人公が何処か歪んで見える一途な女性の恋に溺れていく様は、胸を締め付けられます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

嵩枦(タカハシ) 燐(リン)さんの他のおすすめレビュー 33