ハルのメトリア 〜英雄の子、ふたたび英雄となる?

作者 那珂乃(na-kano)

107

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

王道こそ正道。

主人公のハルくんは田舎育ちで都会に憧れる男の子。好きなアーティストの服を着て、電車でライブに出かけるシーンは年相応。普通ではないのは、ハルくんの父親が『英雄』であり『星』のメトリアという作中最上位の能力を持っていたこと。やがてハルくんは父親と共に戦った軍師ウィルと出会い、その秘められた才能をゆっくりじっくりと開花させていく――。

PS.どの登場人物も魅力的に描かれておりますが、わたしはハルくんの友人で漫画脳なダイヤくんがこのレビューを書いている現時点では好きです!

★★★ Excellent!!!

一般的なファンタジー世界と一線をひいた、どこかノスタルジックでいて、身近な、それでいて、未知の新鮮さのある世界観です。とにかく言葉の匠がさえわたる、という感じ。読んでる間、ほんとにその世界観に浸れる不思議な雰囲気は読書のよさに気づきを与えてくれます。
カタカナ使いが、よいアクセントで心地よく、見慣れぬ世界観と設定に期待通り、呑み込まれる感じです。
最初の印象は宮沢賢治のようなイートハーヴ感を見たのですが、それは電車や駅、登場人物の雰囲気のせいかな。それはそれで好きなんですが。
筆者さまだけの特別なメトリアの世界を感じて、欲しいとおもいます。
読書してるあいだ、その世界に入れる不思議な感覚を体験しませんか。明日またがんばれます。