『一緒に甲子園に行こうね』って幼馴染の天才野球少女と約束をした数年後。俺は野球をやめようか迷っている中二の冬。

作者 竜山 三郎丸

43

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く