カウンターが狭いカウンターキッチンとリビング

1階にあるリビングには、いわゆるカウンターキッチンが面している。カウンターキッチンというと、だいたい料理好きな人が子どもの様子なんかを見ながら料理をして、できあがったものをカウンターに並べていって、という印象だ。


しかし我が家のカウンターは狭い。幅としてはAlexaとかを置くにはよいが、大きなお皿を置くのはちょっと心もとない。広さもそんなにない。キッチンとリビングの間の壁に窓を開けた程度。カウンターキッチンというこだわりを求めてこれだったらがっかりしそうだ。


しかし、ひと目見たときから意図はわかっていた。我が家は全般的にゲストが来ることが想定されている。入ってすぐの中庭も人が来て活きる空間だ。逆に居室や風呂、洗面所は2階にすべて追いやられている。トイレは1,2階両方にあるが、1階だけグレードが高くて自動で開くようになっている。


このキッチンのカウンターが狭いのも、住んでいる人間の利便性よりもゲストにキッチンをオープンにしないためなのだろう。リビングからだとキッチンの奥は見えなくて、奥のパントリーにカップラーメンが大量にあっても気にすることはない。


とまぁそういう利点を書いたけど、個人的には別に生活丸見え状態でも家に人を呼んでいたのであまり気にしてはいない。ともあれ、せっかくこういう家にたどり着くことができたので、もっと人を呼んでいきたい。暖かくなる頃にはコロナが落ち着いてくれるとよいのだけれど。


ところで来客といえば、子どもがいたりすると車で来る人もいる。次回は駐車場の話。

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る