エクストラステージ

 ある二人の会話。

「どうでしたか?」

「なるほど。柔道の話になる三話目では、また詰めが甘いと見せかけつつ、ちょっといい感じの終わり方にする、と」

「はい」

「この流れで四話目で上手いオチがあれば、悪くないと思う」

「オチ、ですか」

「ああ」

「……宇宙人」

「えっ?」

「実は、僕は宇宙人だったんです」

「……ん?」

「ふう」

「ふむ」

「んん」

「ふんふん」

「あなたも宇宙人?」

「えっ?」

「んふ」

「ん?」

「ふう」

「ふふ」

「うんうん」


 おわり。

























 本当におわりだよ。






























 もうこの先には何もないよ。

























 あなたも物好きだなあ。






























 そんなに暇なの?

























 昨日の夕飯何食べた?

























 おわり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

詰めの甘い男 さかたいった @chocoblack

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ