第23話「冒険者シラ Part1」

 一人の女冒険者が、ボロキア行きの乗り合い馬車のなかで揺られていた。

馬車の乗客は総勢6名と荷物だ。その乗客達には、ある共通点があった。


 全員が、武装しているという点だ。


「遥々、こんな辺境までくる必要あったのかよ〜?」

「その話は散々、皆で話し合ったはずだが?」

「そうよ、ぐじぐじ文句垂れないでくれない?うざい。」

「・・・同意。」


 男二人と女二人総勢四名の団体もいれば。寡黙な剣士風の男が一人。そして、とんがり帽子を被り、黒く長い髪を三つ編みに結い、杖を携えた魔女風の女性が一人。

 軽口を叩き、暇を持て余した男が話しかけるなら、どちらか。


「ねぇ、三つ編みの魔女さん?」


「・・・むっ?あっ・・えっ私のことですか?」


「・・あははっ。他に三つ編みの魔女は見当たらないよ?」


「そ、そうですね。」


 三つ編みの魔女は、あたかも、普段の自分と今の自分が違うかのように、少しだけ慌てた。


 それもそのはずである。


 彼女の正体は魔導士に変装をした、名門メルボー家長女シーラ・メルボーだからだ。


「やっぱり魔女さんも、噂の新領地で荒稼ぎなの?」

「えぇ、前の拠点では、高レベルクエストが枯渇気味だったので、思い切って噂に乗ってみよう!!・・かなと。」

「そうなんだ〜それじゃ俺達と一緒だ!俺ら、”腐肉漁”スカベンジャーっていうパーティーよろしくっ!魔女さんは、ソロ?それともそっちのお兄さんとバディ?」


 金髪のチャラ男が、シーラの隣に座る剣士風の男を指刺した。


「・・・。」

「いえっ!こちらの方と、私は・・。」

「そうなの?なら、ソロなんだ!ソロで高位冒険者とは、恐れ入るねぇ〜?」

「そんなことないですっ!私は、その・・・。」


 訳ありな沈黙が、その場に流れた。

 すると、助け舟が入り、軽口を叩くこの男を仲間の冒険者が小突き、詮索をするなと一喝した。

 しばらくすると、馬車が目的地に到着した。


「マジで、出来たばっかの村なんだな!検問も何もねぇの。」

「アホか。出来たばかりにしては整地が早すぎるし、すでに自作農が機能している。」

「それもあるけど道中、森でモンスター共を見なかったわよね。どういうカラクリ?マジ意味不明よね。」

「・・激しく同意。この村秘密ある。」


 全員が、馬車から降りて各自の荷物を背負った。


「それじゃぁ、私はこれで。」


 シーラがその場を離れようとしたが、例によってチャラ男が話しかけてきた。


 その結果、狭い村なこともあり宿は一つしかないため、少しの間行動を共にすることになった。


 その際、腐肉漁の事を彼女は知った。


 彼らは、四人とも野伏で構成された超隠密パーティー。


 常に漁夫の利しか狙わず、モンスターや冒険者の死骸を漁ることからそのあだ名が付き、結成時にそのままパーティー名にしたそうだ。


 そうこうしているうちに、一行は宿屋にたどり着き一時解散した。


 ロックウェル領の宿屋は三階建てで、それなりに大味だが壮観な店構えをしていた。

 一階は例に洩れず、酒場で二階から上が客室になっていた。

 基本二人部屋か、四人部屋で、金を払えば一人部屋も用意している。

 路銀は十分持ってきていることもあり、シーラは一人部屋を借りた。


 彼女は、ようやく一人になり気を抜いた。とんがり帽子を脇に置き、背中からベッドに倒れ込む。


 一番料金の高い部屋なことだけあって、ベッドは羊毛がふんだんに敷き詰められていて、枕は羽毛だった。流石にシーツはシルクではなく、綿だったが。 


 倒れ込むと、彼女の豊かな乳房だけが大胆に揺れた。

 彼女の体で唯一つ贅肉と言える部分があるとすれば、それは乳房だけである。

どれほど毎日辛い鍛錬を、己に課そうとも、その豊かな乳房だけは痩せることがなかった。


「ハァ、潜入偵察とはいえなれない格好に、喋り方、魔導士のふり。・・疲れる。何故、薔薇騎士団団長であるこの私が、このようにこそこそと・・。いかんいかん!こんなこと、部下にさせるわけにはいかんからな。次期当主として、この苦難も乗り越えねばならんのだ。全ては我が騎士道の為!皇帝陛下の為だ。」


 シーラは、魔導士らしく紺色のとんがり帽子に、紫色のローブを着ている。

 彼女は神から、「魔剣士」の“祝福”を授かっていた。

 これは非常に貴重な才能で、帝国では重宝されるギフトである。

 魔剣士は、例外なく一流の剣技を努力すれば、その会得を約束され、魔法の才能も生来から備わっている。

 マクニス教では、神はただ一人と説かれている。

 しかし、マクニスの子供達は彼の眷属として崇められ、神に近い扱いを受けていた。

 全ての祝福は、その神々から好かれて初めて特有のギフトが授けられるとされている。


 つまり彼女は、剣神ボロスと神の毒サマエルに愛されたダブルである。騎士道において、毒で相手を殺すことは大変卑怯で不名誉とされている。騎士としての名家に生を受けたにも関わらず、神が彼女に授けた魔法の才能は、何かの悪い冗談なのだろうか。


“コンコン”と部屋のドアがノックされた。シーラは返事をして、扉を開けるとそこには骨拾いの身長が低い方の女性が立っていた。


「あんた暇?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る