鶴賀、想いをきかせて

作者 黒羽くろば

200

69人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 後輩の敦賀舞からの告白を、そっけなく断る主人公。
 それにもめげることなく、ポジティブシンキングで行動し続ける舞ちゃんと主人公の掛け合いが楽しい作品です。
 文体も読みやすくて、サクッと読める恋愛ものが好きな方に特におすすめです。

★★★ Excellent!!!

読み始めは「キャッ♡」
読み終わって「うぉぉぉぉ!……感動が止まらない!」

終わる日が設定されたふたりの男女。とにかくピュアな純愛。
気持ちを堂々と口にする太陽のように眩しい女のコと、気持ちに素直になれない少し暗い男のコのお話。

ラストシーンは少し「かっこ悪い」状況での、最高に「カッコいい」セリフが涙を誘います。
必見です!

★★ Very Good!!

キャラ良かったです。舞ちゃんと主人公の掛け合いがコントのようで、性格が全然違うのにカチッと合わさる愛称の良さと、和気藹々とした若者同士のキラキラしたやり取りに、心の奥底を羽箒でくすぐられるような心地よさを感じました。

文体も短編らしくメリハリがあり、簡潔に描きながらも重要な部分では、しっかりと情景描写が入っていて想像しやすく、読みやすかったです。

★★★ Excellent!!!

 前向きで積極的、ぐいぐい来る舞ちゃんがとてもかわいくて、読者のみなさんも癒されると思います。
 そんな舞ちゃんに振り回されて、その吸引力に引きずられながらも、なかなか素直になれない先輩である僕。

 一見、正反対に見える二人。
 でも、心の奥では同じ想いを抱えていて……

 二人の心が近づく瞬間が、とても鮮やかに描かれていて、アオハルのまぶしさが伝わってきます。是非、清々しい気持ちを味わってください。お勧めです。

★★★ Excellent!!!

少年と少女が出会い、すこしずつ心が近づき、結ばれそうなところで引き裂かれ、最後に結ばれる。
それだけの話が実に鮮やかに描写されます。

彼女のまぶしいほどのみずみずしさ。
恋に(他人に)臆病だった先輩が、彼女に心を開いていくまでの過程。
最後のデート。最後の会話。
短編だからこその速度と密度ある展開にかたずをのみ、広げられた風呂敷は見事にたたまれます。

この小説を読んでいる10分間、私の心は高校生になっていました。