ざまあ光線で出オチざまあをキメた侯爵令嬢ソフィアは、宇宙船の中で好きでもない王太子と愛を確かめる実験に参加させられ宇宙忍者と対決する。

作者 マスケッター

95

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

望まぬ運命を力技でねじ伏せるも圧倒的な力に理不尽な仕打ちを受ける。
窮地に追い込まれた男女は、未来への希望と他害を…失礼、互いを求める愛に目覚める。
そして更なる運命が交わる。
宇宙(そら)で見た夢の行き先は……?

ところで君はニンジャサプライズ理論は知っているかね?
高熱でうなされたときの悪夢よりも強烈な刺激が欲しい方にお勧めの作品です。

★★★ Excellent!!!

ざまあ光線。それは可視化された情熱でしょうか。焼き尽くし浄化してしまうほどの。

タイトル、そして紹介文のままに、怒涛の展開を遂げるこちらの作品は、駆け抜けるだけではなく緩急もあり、国を背負う者たちの情緒もしっかりと描かれています。

レボルティオのピンチに開花したのは、ソフィアの情熱を超えた……

才気溢れる公爵令嬢の生き様をとくとご覧あれ。

★★★ Excellent!!!

愛がテーマなんですよ。
愛と平和に満ちた素晴らしい世の中にしていきましょうね♡
って、話なんです。

……たぶん。


ぶっとんだ展開が、いっそ爽やかな短編。
昨今のラノベの要素を詰め込んだおとぎ話のような雰囲気が、面白い作品です。
あとビームと宇宙人が好きな人は読んだほうが良いです笑

★★★ Excellent!!!

 『ざまあ』に『令嬢』に『宇宙船』に『実験』に『忍者』
 タイトル読んだだけで、想像力が刺激される言葉がいっぱいです。
 それが怒涛のように押し寄せてくる展開。

 でも、語られるのは『愛』です!
 
 絶対面白いので読んでみてください! 笑って福を引き寄せましょう!

★★★ Excellent!!!

タイトル通りとは恐れ入った(二回目)

設定がことごとく突飛でとんちんかんで楽しい。サクッと読めて異様な満足感。なるほど、これがジャンクフード小説。
そういえば物語の最中に突然忍者をぶちこんで暴れ回して面白くなれば、その物語はつまらない物であるという話を聞いたことがあります。それすらも打ち破るとはなんてパワー(系小説)だ……!
令嬢は目からビームを出すもの。覚えましたし