ホワイト・アイズ 減速する世界線と少年は

作者 こげにく//Ku246

44

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

時間は、どんな人にも平等に流れる。
しかし小説の世界では、時間の長さは自在に操れる。
書き手の編み上げる設定のなかで
キャラたちは、果敢に運命と戦います。

ひとは、自分の生き方を自分で選ぶことができる。
惰弱にも、なあなあにも
ダメな自分にひたすら目をつぶることも
過酷な運命と戦うこともできます。

愛する人のために、あなたは何を捨てられますか?
王道の恋愛小説でもある、SF短編です。