蝶よ花よ、愛よ義よ

作者 葉城野つき

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品を見つけたのはラッキーだったと思います。ほんとにおもしろい。文章も考証も歴史ものとしてしっかりしているのに、毎回の話の流れが面白くて次回を読みたくなる。まだ序盤、主人公の少女時代を読んでいるところですが、人物がとても魅力的でかわいらしい。続きがほんとに楽しみです。

★★★ Excellent!!!

会津若松と縁があったため、読み始めた本作。大変に惹き込まれました。

会津の人々、風土、時代の事柄が細かく丁寧に描かれるなか、女性だてらに壮健な気質の主人公が、友情を育み、恋を知っていく。
魅力的な生き様が綴られている物語です。

江戸時代末期、未来の私たちからすれば史実として知っている騒乱の予兆。
そんな情勢にあっても、たくましく生きる主人公あさ子さん。そして、彼女をとり巻く会津という地の人々。

歴史小説好きの方も、そうでない方もぜひご覧になってみてください。
更新、楽しみにしております。