ヤマアラシのジレンマ

作者 巫夏希

9

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公の男子大学生には、料理上手な彼女がいた。しかし、そんな彼女との生活は、唐突に終わりを迎える。世間を騒がせていた連続殺人鬼に、彼女が殺されたのだ。しかし、その死には違和感がつきまとう。
 そして主人公は連続殺人鬼の少女に出会う。詰め寄る主人公に、少女は嗤った。あんな殺し方を、私はしない。あんなものは、私に似せた贋物だ、と。それを聞いた主人公は、彼女を本当に殺した犯人を突き止めるべく、少女と手を組んだ。
 主人公と少女は、真犯人をドッペルゲンガーと予想して調べて回る。
 そんな中、少女の知り合いの情報屋から、意外な情報がもたらされる。
 連続殺人犯の少女の殺人には、一定の法則があった。
 しかし、主人公の彼女の殺害は、その法則から外れていた。
 果たして、その法則とは?
 主人公と少女は、真犯人に迫っていく。

 まさかの被害者と連続殺人鬼の組み合わせ。
 そして徐々に偽物に迫っていく緊張感。
 さらに、意外な情報がもたらされ、全てが繋がる爽快感。

 是非、御一読下さい。