人生をすすってみたら、緑のたぬきの味がした。

作者 詠井晴佳