あなたが落としたのは『赤いきつね』ですか? それとも『緑のたぬき』ですか?

作者 坂井令和(れいな)

228

78人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 落としたものはなんと!?
 そして、彼が選んだのは!?
 オチが良いです! オチが!

 カップ麺を食べるようにするするっ。と読める短編です。

 読者様は赤いきつねと緑のたぬき。どちらになさいますか?
 
 休み時間に是非御一読ー!

★★★ Excellent!!!

『赤いきつね』と『緑のたぬき』……
 あなたはどちらを落としましたか……?

 女神にそう言われた主人公は……

 いや長いわ!!!
 結論を!!! 早く言え!!!
 と思ったら、なんとオチにビックリ。

 こんだけ引き伸ばしても、オチは湖に落としてなかったのね! 偉い!
 あとお2人(1人と1柱?)、『赤いきつね』と『緑のたぬき』の歴史に詳しかったんですけど、お2人とも従業員だったりするのかしら……。

 先が見えない展開に、あなたもきっとのめり込む!!

★★★ Excellent!!!

川にカップ麺を落としたら、左手に『赤いきつね』、右手に『緑のたぬき』を持った女神が現れた!
主人公はどっちを落としたと言うのか!?

どっちを選ぶべきかめちゃめちゃ真剣に悩んでるところ、笑えました!
読み終わったら、食べ比べをしたい気分になるかも!?←私はそんな気分です♪

★★★ Excellent!!!

未だかつて知らなかった『赤いきつね』と『緑のたぬき』の歴史。
それがさらっとテイストだけど詳細に書いてあり、しかも食べる描写では空腹になる。

これを読んだら「今日の昼ご飯はこのどちらか(いや、両方だ!)」となりますね。

ラストのまとめ方がまたハートフルで、やっぱ作者坂井令和様はストーリー作りが巧み、と思いました。

★★★ Excellent!!!

読みはじめると、いつの間にか世界観に引き込まれている、そんな名短編です。
オチまで面白く、最後まで味わえる作品です。

それに、よく調べていらっしゃいます。
商品ときちんと向き合う姿勢もプロだなと思いました。

気軽に楽しめる作品ですので、構えず、お手に取っていただけたらと思います。
読み終わる頃には、きっと笑顔になっていることでしょう。