気持ちが和むときだって多いのだ。

作者 愛宕平九郎