とってもマニアックな、万年筆のお話

作者 春川晴人

66

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

文豪が愛した万年筆に憧れて、大学生になってからパーカーの万年筆を購入したことがあります。でも、一年足らずで使わなくなってしまったのですよね。
このエッセイを読んで、しまったままの万年筆を使ってみたくなりました。見た目の美しさを愛でるだけではなく、インクならではの文字の味わいも堪能するべきですし。お手入れの仕方も勉強になりました。

クリスマスの贈り物に万年筆を選ぼうとしている方も、本作に目を通すことをオススメします。とてもマニアック、だけど知っておきたい情報がたっぷり含まれたお話です。

★★★ Excellent!!!

小説家といえば万年筆といったイメージ!
ですがパソコンなどで文章を書くようになり持たない人が増えてきたかと思います。

私もカクヨムで小説を書いていますが万年筆は持っていません。ましてやその知識も。
ですが、このエッセイを読めば万年筆のことがまるわかり!
これでいつでも、万年筆を購入できます!

小説家といえば万年筆のイメージを持つあなた、是非読んでみてください!

★★ Very Good!!

 万年筆は買いたいと思っていながら、中々予備知識もなく、知らず知らず敬遠しておりました。
 この作品は、そんな万年筆の『ま』の字も知らない私でも分かるように、懇切丁寧に解説していきます。『マニアック』と書いてありますが、初心者が分からないような専門用語がひたすらある訳ではなく、買う時の選び方から、お手入れの仕方、ちょっとした注意点などを、事細かに語ってくれます。
 文具好きの方は是非、ご覧ください。

★★★ Excellent!!!

と、私は思っています。
春川さんといえば万年筆、万年筆といえば春川さんです。

どうでしょう、皆さんも一度は憧れませんでした?
私が学生の頃は、まさかこんなにパソコンやらスマホやらが幅を利かせる社会になるとは思わず、社会人になったら万年筆を買うか贈られるかするんだろうな、なんて考えていました。

それがいまや。

ボールペンですらそんなに握らなくなったという(そういう仕事をしていないというのもあります)。

だけれども、万年筆が憧れ文房具であることには変わりません。
いつか私は書籍デビューして、そのお祝いに万年筆を買うのだ、別に万年筆で執筆はしないんだけれども、何かこう……ステイタス!みたいな感じがどうたらで、すげぇ重厚な作品を書きそうなイメージを持ってもらえる気がするから買うのだ、とそんな完全にアクセサリー感覚で買おうとしています。

だけど万年筆はそんな私にも微笑んでくれる気がするのです。

全体的に何に対するレビューなのかわからなくなってきましたが、とにかく万年筆のことは春川さんに相談しましょう。優しく(買う方向に)導いてくれるはずです。