消化できない名作

描写や主人公の心情、それらの迫力がすごくて、動悸さえするほどでした。
ですが……題材が題材だけに、物語を消化しきれないような感覚が残ります。
一度読んだら、心に刻まれ、もう忘れられない、そんな物語です。
重い物語ですが、『読むべき物語』だと私は思いました。

その他のおすすめレビュー

倉井さとりさんの他のおすすめレビュー83