うちにご飯を作りにきてくれる幼馴染は、僕を異性だと意識してくれない

作者 福沢