上京した猿

Shinogu

.

上京した猿の話をしよう。この話はフィクションだし、怒らないで聞いてほしい。まあ、とりあえずその猿というのは色々と特徴があるんだ。


その猿は誰も見てないところでルールを破った。

しかし、他の猿がルールを破ると絶対に許さなかった。


その猿は何かになりたいと思った。

しかし、金と便利さ以外の価値観は持たなかった。


その猿は頭がよくなりたいと願った。

しかし、テレビと掲示板のまとめとyoutubeの切りぬきだけしか見なかった。


その猿は老害になりたくなかった。

しかし、毎日同じ仕事をして仕事が終わった後も同じ行動をした。


その猿は綺麗な街に住みたいと願った。

しかし、ゴミを大量に出しポイ捨てをした。


その猿は外では他人に興味がないふりをした。

しかし、他の猿が離婚したり逮捕されたという情報に異常に執着した。


その猿は田舎とそこに住む猿を馬鹿にした。

しかし、田舎でもできるようなことを必死に東京でおこなった。


そういう猿に、私はなりたくないのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

上京した猿 Shinogu @tanakadayo_7

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ