陰キャ コミュ障 霊感アリ

作者 すずきゆうじろう

195

69人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この転回(ネタばれになるので何がそうとは言わないけれど)は、「こんなの有り」という驚きと共に、本作に対する熱狂をさえ生じさせるのでは、と想います。

 他方、更に読み進みラストまで至るには、グロが立ちはだかる。読み進むか否かは、実際に読まれてご判断してください。(戦記だったら全然平気、そもそも自分で書いてたりする)私は、こうした状況でのグロには耐性が無いらしく、上記転回の後は、グロはあっさりとでラストにつながれば、十分満足と想いました。ただ世の中にはグロゆえにお金を払うガチ勢がいる訳で、本を売るという観点に立てば、グロ有りの方がいいのでしょうね。ここは、他ジャンルには無い、ホラーゆえの書き手にとっての難しさ・悩ましさとも想います。

 といって、本作は恐い・グロいばかりでない。人情話も巧みに織り込まれている。タイトルも回収される。お後はお読みいただくだけです。

★★★ Excellent!!!

読み始めた時は、『人気出そうな作品だなー』というシンプルな感想を抱きました。

スマートなイケメン男性と内気な霊感少女の組み合わせ、そこにSNSや韓国語なども絡ませた『今風の作品』は万人受けというより、主に若年層から圧倒的な支持を獲そうだなと感じました。

ただし、この作品はただの『今風の作品』ではありませんでした。

後半に向けて疾走感を増すドラマのような展開と随所に敷き詰められた伏線の回収、そして何より読み手の予想し得ない衝撃的なラスト。

読了後に思うのは『人気が出そうな作品』ではなく、『人気の出る作品』ということです。

少しグロ耐性が必要かとは思いますが、一作くらいカクヨムのホラー長編にこういった尖った作品があっても良いと思います。

★★★ Excellent!!!


 初めは日常に絡むオカルトホラーの展開で、読みやすさに先へ先へと引き込まれてしまうこの作品。怪異モノの王道かと思いきや……進めば進む程にサイコホラー展開と混じり合い全方位油断ならない物語へと変貌する。

 良い意味で読者を裏切る演出は、カクヨムでも異色の強烈なキャラを生み出していて印象に残る作品です。


 タイトルやあらすじで作品全ては語れないということが良くわかりますね。特に後半は濃厚で続きが気になる度合いが凄い……。
 但し、ホラーやグロ耐性の無い方はご注意。それでも読んでしまうだけの魅力を感じます。

★★★ Excellent!!!

甘いもの同義か? 笑うは山。違う山。火の山。笑えぬものが降る。甘いは毒か真実か? 霊が消えても見えるホラーだよ。
僕もコミュ障で無口無表情な少年でした。僕はホラーが苦手で、キスシーンも目をそむけてしまいます。しかし、この物語はついつい読んでしまう素晴らしい展開で、そこが特筆される。

★★★ Excellent!!!

作者様が読み易さに気を配っているのは、読んで見れば即理解できます。スッと流れる様に読めてしまうので、あっと言う間に読み終わってしまい、次が待ち遠しくなります。

韓国語が含まれますが、これはこれで見ていて面白く感じました。まだ序盤かと思いますが、後々この設定もいきてくるのかな?

私自身日本も韓国も映画を観ますが、どちらもホラーは多くあり、スプラッターよりは精神的にくるものが多く、似通った部分があります。
この小説でもスプラッターなシーンは出てきますが、それは添え物でやはりジワジワと精神的にくる仕上がりになっていると思います。

まだ伏せられている部分や、内包されている狂気、見えてはいるが戦う術のない人達。
これらがどのように巻き込まれていくのか?
今後が楽しみな作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

ハジメの内は読んでて、
『ケッ!』って嫉妬してたけど、全言撤回。

嗚呼、良かった。俺。
人間からの女の子からも、幽霊の女の子からも縁が無くて。


『陰キャ コミュ障 霊感アリ。』
ホラーって触れ込みだけど、イヤイヤ。モテない俺に沢山の勇気と自信をくれたバイブル。

フォロワーになりました。
モテないオマエ達も一読しろ。