バグで最弱魔物になった 〜けど魔王になる〜

@lemon-lemon

第1話 チュートリアル713回目

「何かが落ちてくるぞ!」


「危ない!」


 グシャッ!!


 わぁ……


 何も痛みを感じない……


 それと……何も見えない……


『 今日は春一番が観測されるかもしれません。 』


 テレビでそんなこと言ってたな……



 2月16日 7時19分 



 一人の男が橋から転落しこの世を去った――。



 ……この世を去った。


 ……この世を去った?


 去るってことは……


 何処かに行くってこと?


 ピンポーン!その通りである!


 では行こう!


 新たな世界へ!


 出発〜進行!!



「ポッポー!!」


「何言ってるんですか?」


「あっ、聞いてたんだ。」


 真っ暗な暗闇に2人の男の声が響き渡る。


「もしかしてあれ全部独り言ですか?」


「ぴゅ〜〜〜ヒュ〜…ピ〜〜〜…♪」


「ごまかすの下手くそすぎだろ!」


「まぁ……あなたが死んだことは本当だけどね……」


 そう、俺は死んだ。


 2月16日 7時19分ではなく。


 6月12日 9時17分に。


 プールの講習中に溺れて死んだ。


「いやぁ〜……ドンマイ……」


「それだけで片付けていい問題かよ!?」


「ええぇ〜俺関係ないし〜」


「てかなんであんた俺が死んだって知ってんだよ!?」


「神様だから」


「……」


「あれ?反応薄いね」


「えええええ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!?????」


「わあ、すごい時間差」


「誠に申し訳ございませんでした……。今回のことは……どうか……どうか……地獄だけは……地獄だけは……」


 体があったら土下座してただろうな。


「ぷっぷぷ……」


 笑っている?


 許してくれたのかな?


「俺神様じゃないよ?」


「は?」


 は?


 俺って騙されたのか?


「じゃあ、あんた誰?」


「俺もあんたと同じ死んだ人」


「は?」


「トラックに引かれて死んだの」


「え〜……じゃあ、何で俺が死んだって知ってんですか?」


「う〜ん……感?」


「すごい感だなおい。」


「あの……年齢の方は?」


「17歳」


「年下じゃねぇか!」


「へ〜。じゃああんた何歳なの?」


「46歳」


「うわぁ〜…………無職だったんですか?」


「何で無職だと思うんだよ。普通に働いとったわ」



 パーン!パパパーン!パパパーン!ジャジャジャジャーン!



 急に競馬のファンファーレのような音楽が流れ始めた。


「ようこそ!我が国へ!!」


 景色は真っ暗なままだ。


「あの〜……景色が変わってないんですけど?」


 17歳くんが質問した。


「え?見えない?当たり前じゃないか、なんたってここは――


なんだから。」


 ワオ。


「これから君たちにはこの死の世界で――殺し合いをしてもらう。拒否権はもちろんないよ?」


「「はぁ!?」」



  *



 画面が明るくなった。



『 操作の確認を行います 』



さっきの46歳と17歳の会話は、年齢設定を46歳に設定した時のチュートリアル前の会話だ。



(ふぅ……)



 ……さて……今日もやっていきますか……



 バグ探しを!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る