歩くのが速いだけ。

作者 春井和幸

死んだらおしまいなんて誰が決めたのか

  • ★★★ Excellent!!!

 ある日、幽霊と出会った主人公の松田。しかしその幽霊、透子はマイペースで可愛らしく、死んでいるとは思えないほど生き生きしています。
 そんな彼女とだんだん仲良くなっていく松田ですが、当然そこには死者と生者という越えられない壁が。

 それでも共にいたい。そう思う二人の姿は愛らしく、ずっと一緒にいられますようにと応援したくなる魅力があります。

 幽霊は怖いもの。そんな考えを打ち砕く明るく希望に満ちたお話です。

 歩くのが速いだけ。
 タイトルの意味がわかったとき、この物語がとても好きになりました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

黒月水羽さんの他のおすすめレビュー 216