学園祭で占いの出店をやってた俺、可愛い子には適当に「運命の相手は俺でしょう」と言ってたら、みんな信じてて修羅場

作者 破滅

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全29話

更新

  1. 「運命の相手? それは俺でしょう…」
  2. 涼乃「あの占いは本物だ!」
  3. 「朱莉、運命の人に出会いました!」
  4. 「お前のお陰で初カノ出来たぜ、親友!」
  5. 「宗作、今朝の女の子、誰?」
  6. 「宗作くん、桃園さんとどういう関係?」
  7. 凛「実在したのか、本物が」
  8. 「彼は百発百中の占い師です!」
  9. 「結婚を前提にお付き合いしてくれないか?」
  10. 「私の事は呼び捨てで凛と呼んで欲しい」
  11. 「朱莉、なんかスキンシップ多くない?」
  12. 「私と、デートに行きませんか?」
  13. 「俺、この子の彼氏だけど?」
  14. 「私の白馬の王子様!」
  15. 「凄く可愛いけど?」
  16. 「カップル席にご案内しますね」
  17. 「どうして、宗作がここにいるのよ」
  18. 「宗作、私を占いの力で助けてよ!」
  19. 「宗作は何でも見通す占い師なんだから!」
  20. 「お礼に、何でもしてあげるわよ?」
  21. 「……キス、されたんだけど」
  22. 「桃園さんとのアレ、何なの?」
  23. 「私は、朱莉の母の桃園春香です」
  24. 「良い彼氏を持ったわね、朱莉」
  25. 「これ、失敗したらマズい雰囲気ですか?」
  26. 「二人は、結婚すると尚良いでしょう」
  27. 「ライブが終わった後に打ち明けるよ」
  28. 「宗作殿、今日の夜は空いてるか?」
  29. 「無理だ、これは断れない!」