異世界の路地裏で育った僕、商会を設立して皆に幸せを届けます

作者 水野 精

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第131話 エピローグへのコメント

    すごく、面白かったです。もう、それだけしか言いようがないです。もう少し続きを見て見たかったです

    作者からの返信

    温かいお言葉、ご感想、ありがとうございました。

    皆様の応援に支えられて書いています。
    続編もよかったら読んでみてください。これからも応援よろしくお願いします。

    2022年2月25日 07:38

  • 第131話 エピローグへのコメント

    素敵なハッピーエンドの物語りでした。
    これからも応援しています(*ˊ꒳​ˋ*)੭♡

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    皆様の温かい応援が書く力の源泉です。頑張ります。

    2022年2月6日 09:37

  • 第131話 エピローグへのコメント

    素敵な物語をありがとうございました❤
    私も主人公のように回りを笑顔に出来る生き方をしたいと思いました( *^艸^)

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    その温かいお言葉だけで、頑張って書いてきたかいがあります。
    これからも、続編を頑張って書いていきます。よかったら読んでみてください。

    2022年1月31日 07:27

  • 第131話 エピローグへのコメント

    面白くて読みやすくついつい一日費やして読破してしまいました〜♪
    これから続編に挑戦します!
    ところで作者さまをフォローしようとしたのですがフォローできませんでした。
    他の作者様は皆さん問題無くフォローできるのですが何か制限とか設定されているのでしょうか?

    作者からの返信

    読んでくださってありがとうございます。
    皆様の応援を書く力にして、何とか頑張っています。

    フォローできないということですが、何も設定はしておりません。なぜなのか、こちらでは分かりません。
    私の方でももう少し調べてみます。

    2022年1月29日 21:11

  • 第131話 エピローグへのコメント

    作者様お疲れ様でした。
    途中ででルートとリーナが別れてしまい、ルートが闇落ちしないかと心配したりしましたが、二人が無事に再会出来て良かったです。

    続編も楽しみにさせて頂きます。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    楽しんでいただけるよう、頑張ります。

    2022年1月19日 09:15

  • 第128話 帰還へのコメント

    トッドがリーナを欲望を抑えて大事に扱ってくれていて良かった、でも、リーナはルートの「大切な人」だから、諦めておくれ。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    トッドには続編で再登場してもらう予定です。
    (作者の中では「胸熱」展開になるはずです。ネタバレでした。すみません。)

    2022年1月19日 09:14

  • 第130話 スラム街の陽だまり 2へのコメント

    会えて良かった…

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございました。

    続編もどうぞ読んでみてください。(近日中に投稿をはじめます)

    2022年1月14日 22:57

  • 第131話 エピローグへのコメント

    完結おめでとうございます。
    最後まで読ませていただきありがとうございました。

    作者からの返信

    ありがとうございました。
    最後まで応援していただき、ただただ感謝です。

    2022年1月13日 18:58

  • 第131話 エピローグへのコメント

    完結お疲れ様でした。タイトルの『陽だまり』が正に合っているお話で、いつも心がポカポカする感じで読ませていただきました。ありがとうございました。

    作者からの返信

    最後まで読んでいただき、感謝に堪えません。
    皆様の応援のおかげで書き続けることができました。

    今後も続編を頑張って書いてこうと思います。

    2022年1月13日 17:23

  • 第131話 エピローグへのコメント

    完結お疲れ様でした。
    毎回、楽しく読ませて頂きました~
    ありがとうございました。

    作者からの返信

    最後まで応援、ありがとうございました。

    皆様に支えられて書く力をいただきました。
    続編もよかったら読んでみてください。

    2022年1月13日 06:58

  • 第131話 エピローグへのコメント

    物凄く良かったです。
    娼婦、スラム、苦労を苦労に変えない、
    ルートの優しさ、勤勉さ。
    素晴らしい生き方に魅せられました。
    ありがとうございました。

    作者からの返信

    最後まで応援いただき、ありがとうございました。

    続編を近日中に投稿していきたいと思っています。
    引き続き応援よろしくお願いいたします。

    2022年1月13日 06:54

  • 第130話 スラム街の陽だまり 2へのコメント

    職場で読んでて、
    「ルートッ!ああ……ルート、ルート……ルート……」
    「〇ちゃん、なんで泣いてるの?」って。
    しばらく仕事になりませんでしたw

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございました。

    すみません、ちょっと笑ってしまいました。
    でも、作家として大変幸せです。

    2022年1月13日 06:51

  • 第131話 エピローグへのコメント

    完結お疲れ様でした!
    とても楽しい話をありがとうございました

    作者からの返信

    こちらこそ、感謝しかありません。
    ありがとうございました。
    続編もよかったら読んでみてください。

    2022年1月12日 20:49

  • 第131話 エピローグへのコメント

    続編があるのですね?
    あ〜よかったぁ〜

    続編楽しみにしております

    作者からの返信

    応援ありがとうございました。
    続編執筆中です。引き続きよろしくお願いいたします。

    2022年1月12日 20:49

  • 第131話 エピローグへのコメント

    完結お疲れ様でした。すごく温かい物語でした。
    続編!?

    作者からの返信

    応援ありがとうございました。

    続編も頑張って書きたいと思います。

    2022年1月12日 20:46

  • 第131話 エピローグへのコメント

    面白かったです。続編も楽しみにしてます。

    作者からの返信

    ありがとうございました。
    頑張って書きたいと思います。
    また応援をよろしくお願いします。

    2022年1月12日 20:45

  • 第131話 エピローグへのコメント

    完結お疲れさまでした!
    近況ノート拝見しました。続編を書いてくださるとのことで作者様をフォローして楽しみにお待ちしています。

    作者からの返信

    ずっと応援していただいてありがとうございました。
    続編も楽しんでいただけるよう頑張っていきます。

    2022年1月12日 20:43

  • 第130話 スラム街の陽だまり 2へのコメント

    ついにルートとリーナちゃんが再会!シルフィーグッジョブ!

  • 第129話 スラム街の陽だまり 1へのコメント

    近日中の近況ノート……書籍化!?
    もう1・2話で完結なのかな。

    作者からの返信

    残念ながら、書籍化の話はいただいておりません。
    ひとまずは、近況ノートをお待ちください。

    2022年1月11日 20:27

  • 第129話 スラム街の陽だまり 1へのコメント

    リーナちゃん再会までもう少しですね。いよいよ物語も終わりに近づいているのですね。寂しさも感じますが最後まで見守りたいと思います。

    作者からの返信

    いつもご感想、ありがとうございます。

    近日中に更新する予定の「近況ノート」をぜひご覧ください。

    2022年1月11日 12:50

  • 第129話 スラム街の陽だまり 1へのコメント

    更新ありがとうございます。

    サブタイといい、文中の「陽だまり」といい、もう最終章も終わりなんですね。
    もっと続いて欲しかった。
    仲間だけでなく、領、国、世界を変える所が見たかったです。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

     近日中に「近況ノート」を更新しますので、ぜひそちらをご覧いただきたいと思います。

    2022年1月11日 12:48

  • 第129話 スラム街の陽だまり 1へのコメント

    どんな再会になるんだろう。
    楽しみです。

    彼女たちが家庭を持って、子度たちが産まれても
    ⇒子どもが産まれても
    でしょうか?

    作者からの返信

    ご感想、ご指摘ありがとうございます。

    2022年1月11日 07:17

  • 第128話 帰還へのコメント

    何事もなくルートの元に戻れます様に🙏

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    リーナ:「わたしのために祈ってくださり、感謝します」

    2022年1月10日 18:55

  • 第128話 帰還へのコメント

    リーナちゃんの記憶が戻った!走れリーナちゃんルートの元へ!

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    もうすぐです。

    2022年1月10日 15:28

  • 第128話 帰還へのコメント

    人を助けて、記憶を取り戻して。
    リーナ。良かった。

    急げリーナ。ルートの胸に飛び込め!

    トッド。君にもいいことあるさ。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    トッド:「応援が意外に多くてびっくりだ」

    2022年1月10日 15:27

  • 第128話 帰還へのコメント

    更新ありがとうございます。

    お礼はソープの回数券?

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    トッドがドツボにはまりそうで怖いですね。

    2022年1月10日 11:08

  • 第128話 帰還へのコメント

    命の恩を返して、記憶を取り戻して、自覚して

    リーナさんなんて綺麗に収まったんだ…
    残るのはトッドさんのムラムラだけ…!
    あれ?解消にピッタリの場所がどこかに出来たような…

    (ストーリー構築お見事です)

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。
    最高のお褒めの言葉をいただき感激しています。

    トッドには、お礼にポルージャの街に連れて行かないといけませんね(笑)。

    2022年1月10日 10:11

  • 第127話 閑話 ポルージャの新名所へのコメント

    その看板には『公衆浴場ガルパン』と書かれていた。
     それから1週間後、世界で初めてのソープランド『公衆浴場ガルバン』がオープンした。

    ガルバンの方であってますか?

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございました。

    「ガルバン」が正しいです。修正します。

    2022年1月9日 14:22

  • 第127話 閑話 ポルージャの新名所へのコメント

    いかがわしくない健康ランドやエステのようなソープランドというのは上手いですね。日本では無理ですが(笑)これは繁盛しますね!

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    イボンヌもこれなら承知すると思います。

    2022年1月9日 14:22

  • 第126話 ルート、ついにイボンヌ・ガ…へのコメント

    ついにルートの目標が達成されましたね!ミーシャさんを始め娼婦たちが奴隷から開放されて良かったです。ここまで長かったけどがんばったかいがありましたね。

    作者からの返信

    ずっと応援していただいてありがとうございます。
    いよいよ、大詰めになりました。最後までよろしくお願いします。

    2022年1月9日 14:59

  • 第127話 閑話 ポルージャの新名所へのコメント

    お風呂は大事… 命の洗濯…

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    ルートの前世は日本人ですからね(笑)

    2022年1月9日 14:20

  • 第127話 閑話 ポルージャの新名所へのコメント

    ポルージャ最高w
    公衆浴場ガルバン最高w
    ルート最高ww

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。ルートも喜んでいます。

    物語もいよいよ大詰めを迎えました。
    最後まで応援よろしくお願いします。

    2022年1月9日 09:41

  • 第125話 ルート、ついにイボンヌ・ガ…へのコメント

    娼婦たちを奴隷から開放した後の働き口をソープランドにするのですね。サービスが向上して娼婦たちへの搾取はなくなると。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    詳しくは次話を読んでいただきたいのですが、少し違います。
    イボンヌが断らないであろうぎりぎりの線を模索した結果の提案ですが、
    イボンヌが承諾さえすればこっちのもの。
    ルートは、もっと大胆なことを考えています。

    2022年1月8日 12:02

  • 第124話 ルート、国王に招かれる 3へのコメント

    エリス……!

  • 第123話 ルート、国王に招かれる 2へのコメント

    ルートは良いように利用されてしまいました。気分の良いものではありませんね(笑)

  • 第122話 ルート、国王に招かれる 1へのコメント

    ルートはグランデル王に招かれる。グランデル王はずいぶんルートを高く買っているようですが……?

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    ガルニア候爵からさんざん報告を聞かされていますからね。

    2022年1月6日 15:07

  • 第122話 ルート、国王に招かれる 1へのコメント

    リーナ再会を心待ちにしてます

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    リーナ、皆さまから応援されて幸せ者です。

    2022年1月6日 11:09

  • 第121話 リーナの苦悩へのコメント

    リーナが記憶を思い出しかけている……!トッドには悪いけど早く思い出して欲しいです。

    作者からの返信

    いつもご感想、ありがとうございます。

    じらしているつもりは毛頭ありません。すみません、プロットに忠実に従っているだけです。

    2022年1月6日 11:08

  • 第121話 リーナの苦悩へのコメント

    ルートへの想い。
    リーナ。
    プロポーズを受けるかとドキドキ。
    トッドも良いやつだが、ここは…
    早く思い出して!

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

     皆さん、「トッドいい奴」派が多いですね。
     意外な反応でした。

    2022年1月6日 11:05

  • 第121話 リーナの苦悩へのコメント

    早く思い出させてやってください😭
    主人公よりも長く生活する様になっちゃいますよ〜

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    きっと大丈夫です。ルートとの2年間は彼女の宝ですから。

    2022年1月6日 11:03

  • 第105話 特別編 去年のクリスマスエ…へのコメント

    本編も気になるけど、寒い日が続くと温かい話もいいなって気になります。
    細かい設定がしっかりしてるのも大事かもしれないけど、ストーリーに勢いのあるほうが面白いので、あまり細かいことを書きすぎないほうが読んでいて楽しめるかな、とか。
    楽しいお話をいつもありがとうございます!
    追伸) 注文をつけているように読めたならごめんなさい。
    紙の本でも背景説明が長過ぎるとちょっとうんざりしてしまうこともありますが、この作品はそういうこともなく楽しく読めています。
    作品世界に興味が湧いてくると設定資料集とか外伝とか読みたくなってくることもあるので細かいところが気になる人の気持ちもわからなくもないですが、しつこく注文つけるようなコメントはなんか違うなと読んでいて感じてました。
    不快に思われたのならすみません。またROMさせてもらいます。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

     私の場合、どちらになるのでしょうか?
    「話に勢いはあるが、細かい設定がしてない」
    「細かいことを書きすぎて、勢いがない」
     それとも、どっちつかず、とかWW まあ、そうかもしれません。
     悩んでも仕方ないので、書きたいことを書いていくだけです。

    > 追伸)
     いえいえ、私もそんなつもりではありませんでした。
     言葉って、難しいですね(笑)
     温かいご助言とありがたく受け取りました。
     今後も応援お願いします。

    2021年12月19日 20:56 編集済

  • 第105話 特別編 去年のクリスマスエ…へのコメント

    セシルにルートの思いが伝わって良かったですね。早く娼婦たちが開放されてルートと一緒に笑い合える日が来ると良いですね。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    ルートが頑張ってくれると思います。
    応援よろしくお願いします。

    2021年12月19日 12:16

  • 第105話 特別編 去年のクリスマスエ…へのコメント

    他の娼婦たちの境遇が分かって、面白かったです。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。
    今後も応援よろしくお願いします。

    2021年12月19日 12:15

  • 第105話 特別編 去年のクリスマスエ…へのコメント

    あしながおじさんになってあげたい気分。
    不遇な子たちの力になってあげたい。
    不遇は失礼か。
    力強く生きている彼女たちに幸あれ。

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

     この物語がきっかけで、あしながおじさんが生まれて、誰かが幸せになる。それはもう胸熱の展開ですね。
     そんな夢を見続けていきたいと思います。

    2021年12月19日 12:14

  • 第105話 特別編 去年のクリスマスエ…へのコメント

    ルートの想いがセシルに通じて良かったです‼️
    今はまだ皆奴隷娼婦の立場に囚われているけれど、必ずルートが解放してくれると信じて待ってます‼️
    その時には、ルートと一緒に笑顔で人生を謳歌する皆が見たいです‼️
    ルートもお姉さん達も頑張って欲しいですね❗

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    はい、ルートに頑張らせます。
    今後も応援よろしくお願いします。

    2021年12月19日 14:18

  • 第105話 特別編 去年のクリスマスエ…へのコメント

    温かい話は大好きです。

    作者からの返信

    いつも励ましのご感想、ありがとうございます。

    2021年12月19日 12:03

  • 第104話  特別編 去年のクリスマス…へのコメント

    そうですね。ルートにとっては母親だけでなく娼館の娼婦たちは全員家族なんでしょうね。ルートの優しさが伝わるお話でした。

    作者からの返信

    温かいご感想、ありがとうございます。

     そうですね。逆に言うと、やむなく家族と別れた、あるいは家族のいない娼婦たちにとっても、ルートは可愛い息子、あるいは弟のように接してきたんだと思います。

    2021年12月18日 13:48

  • 第104話  特別編 去年のクリスマス…へのコメント

    まさに家族。家族ですよw
    ルートの自分の母親に向ける慈愛を皆に。
    優しさ溢れるお話です。

    作者からの返信

    温かいお言葉、ありがとうございます。
    今後も頑張って書いていきます。

    2021年12月18日 08:00

  • 第104話  特別編 去年のクリスマス…へのコメント

    娼婦が一生かかっても返せないと諦める程の借金を宿屋の倅が払って身請けできるというのが、いまいち良くわからないです。
    娼婦同士の会話も、「絶対に払えないから望みを持つな」という話ではなく、「宿屋の跡取りが娼婦を嫁に貰うのは世間体が悪い」という身請け自体は可能であるという前提で話していますので、きっと無理をすれば払える範囲の金額なのでしょうが…。

    作者からの返信

    《作者の大まかな設定》
    ・奴隷1人 : 200万~300万B(ベリー)
    ・娼婦になるまでの費用(客を取り始めるのは18歳以上)
     平均 : 30万B
    ・客の料金: 2000B
     (店の取り分1600B、娼婦の取り分400B)
    ・娼婦の1日当たりの客数平均 : 2人
    ・営業日数 : 約300日

     後はご想像にお任せします。

     何度も言うようですが、読書は本来楽しくあるべきだと思います。不満を抱えて読むくらいなら、他にたくさんある作品から、楽しんで読める作品をお読みください。
     

    2021年12月18日 08:44

  • 第103話 特別編 去年のクリスマスエ…へのコメント

    最新話まで拝読しました。
    話数が多いというだけでフォローした後「あとで読む」に放置していてすみませんでした。今となってはなぜもっと早く読まなかったのかと後悔しています。大変面白いです。ルートがどこに向かって何を成し遂げるのか楽しみです。今後にも期待しています。★★★です。

    作者からの返信

    温かいお言葉ありがとうございます。
    そう言っていただけるだけで、今後も頑張ろうというエネルギーが湧いてきます。

    2021年12月17日 23:31

  • 第103話 特別編 去年のクリスマスエ…へのコメント

    奴隷のシステムがいまいちわからないので、ルートが目指してる先も見えないし、母親が拒否してる心理も見えない。

    奴隷の子供が奴隷でないのなら、そこにはルールが存在しているはずで、36歳まで娼婦を続けても返せない程の借金がどのようにして発生するのか、 そしてこの世界の娼婦が一晩どの程度稼いで、一般職の成人の日当はどのくらいなのか、その辺りが曖昧だと娼婦達がどんな心理で働いているのかわからなくて、悲壮感や絶望感が伝わりません。

    作者からの返信

     この話は、特に悲壮感や絶望感を強調したいわけではありませんが、「奴隷、娼婦、長年働いても返せないほどの借金」、これだけの要素で絶望感が伝わらないとしたら、それは作者の力不足、それだけです。
     nozue様は以前からこの作品に不満を感じておられるようですから、ストレスが溜まらないうちに、読むのをおやめになる事をお勧めします。

    2021年12月17日 21:35

  • 第86話 特別編 登場人物紹介へのコメント

    ルート君は結構な金と能力と人脈を築いてきて十分人生の勝ち組になってると思うのですが、まだ母や他の娼婦を助ける事は出来ないのでしょうか?
    同じ街中に
    「おまえの母ちゃん抱いてやったぜグヘヘ」
    みたいな人間が大勢いるのは精神的にだいぶキツイと思うのですが?

    作者からの返信

    ご感想、ありがとうございます。

    お金だけで済むなら、そうしているでしょうが、ルートなりにいろいろ調査して、それほど簡単に解決する問題ではないと考えているようです。
    なにより、奴隷制が当たり前に根付いている世界です。アメリカの南北戦争前後の歴史を見てもらうと分かりやすいかもしれません。

    2021年12月13日 13:20