よくあるライトノベルを批判してはいけないのですか?

作者 柚子

69

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 沙波羅さんが居なくなって、僕の心に与えた影響はかなり大きいです。
 
 楽しい議論がなくなったのも、

 嗜好を凝らした素晴らしい作品も、

 僕の顔色を伺う事なく、ズレた事言った時にはフツーにスルーしてくれた、自分をしっかり持った、

  沙波羅 或珂 さんが

 このサイトからいなくなった事が、かなり悲しいです。
 
 ココは、追悼の場所ではなく、
 沙波羅さんと関わりのあった人達が、本当にWeb小説が盛り上がる為に必要なモノを、取り戻す為の場所です。

 他をオトすんじゃなくて、『盛り上がる』場所なのです。

★★★ Excellent!!!

フリー素材化した要素を繋ぎ合わせ、独創性など皆無に等しく、その道ではとても使い物にならない性描写、其処だけ無駄に細かい暴力描写、なのに肝心の物語は果たして数百万回は行われた道順のみ………これに、自分も同志も怒った。
そしてそれを書き連ねた。

しかし何故、その同志が予告無しに此処から排除されるのか?
運営の移行か? 誰かのハッキングか? それともシステム不全か? いずれにしても運営は答えねばならない。
二回も狙いすましての垢BANは、完全に意図だ。

ゆえに多くの人々にこの檄文をご覧頂きたい。
本当は自分も書きたいが、個人的感情をあまりに優先してしまうので自分はこうして支援に留まるのみとする。
作家とは精神の冒険者―――それを縛ったり弾き出したりするのが、運営の意向なのか? 冒険する気も無い作家もどきこそ望んでいるのか?
誰かが間違いを間違いと言えなければ、創作は果てしなく歪んでいく。
それを止めようとしていた同志は、どう間違っていたのだろう。

此処に、同じ理不尽に憤る同志達が居る。
誰しも明日は我が身である以上、危惧する者は是非目を通して頂きたい。