ヒヒガミの杜

ヒヒガミの杜

著者:春古年 様

作品url(https://kakuyomu.jp/works/16816452220161974204


 キャンプからの山怖系! 好きです!

 

 主人公のお姉さんは結構遠くから来たようですね。みずみずしい描写で、キャンプ場のきれいな空気や優しい風景を感じられます。

 ここでタイトルにもなっているヒヒガミサマの道祖神にバナナのお供えをするのですが、サルにバナナって大丈夫? 馬鹿にしてる感じにならん? と、私は少々不安でした……(読み進めると別にそんなことはなかったとわかります。よかった)。

 ここでのんびり殻の急展開。好きです、こういうの。ツキノワグマとヒヒガミサマの戦闘は、お姉さんには怪獣映画張りの迫力で感じられたでしょうね……。

 助けられただけでは終わらないのがホラーとしての所以。

 ヒヒガミサマに関する考察――神と妖怪の両方の面を持っている、というのは本邦において様々な神仙や妖怪に当てはまります。

 ヒヒガミサマを「神」たらしめている道祖神に何かあったら……と考えると、キャンプ場の閉鎖も妥当なものかもしれませんね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る