投げ捨てた追憶

作者 Eternal-Heart

66

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

体に染みついた思い出はいつまでも心の中で生き続ける。それはいつでもあの頃の思い出の中の人に出会える夢のようでいて、自分を縛るしがらみとなる。

どこでその夢と別れるのか、それとも共に生きるのか。生き方は様々で選択は自由。だからこそ悩み人を苦しめる。

かつて互いに惹かれあった二人も今は彼一人。彼女の結婚の噂を期に、彼女が育った町へ車で向かい、思い出を一つ一つ確かめながら最後に彼がとる行動とは。

本文は歌詞のようで、メロディーを付けれそうです。故に車を一人運転する彼の思い出が、車内の重い空気と彼女との熱い思い出、それらが混ざった独特の空間へ誘ってくれます。

この空気感はなかなか表現できないと思いますし、味わえないと思います。是非一読をオススメします。