第2話 五助経済(互助経済)

 次に紹介するのは、五助経済です。これは、街全体のまとめ役である役所と、生鮮食品を扱うスーパー(直売所を含む)、薬を提供する薬局、病気の患者を看る病院、日用雑貨及び住宅設備に関連したなどを揃えるホームセンターの五つの組織に機能を集約し、相互に助け合うことで、経済を回していく経済のことです。


 この五助経済の大きな強みは安定性です。生活に本当に必要な施設だけで街が構成されるので、感染症などの予想外の外的要因の影響を受けにくいです。また、この五助経済では、スーパー、薬局、病院、ホームセンターの出店・営業しか認められていません。逆に、弱みは娯楽と呼ばれるものが街に一切ないことでしょうか。暇すぎますね。つまり、資本主義でありながら、新しいビジネスが生まれる余地をなくしていくことで、貧富の差をなくしていこうというのが五助経済なのです。


①五助経済における役割


役所→政策立案、政策実行、ごみ収集、土地の提供

スーパー→生鮮食品の販売

薬局→薬の販売、新薬の研究

病院→患者の診療、患者の健康観察、手術

ホームセンター→暮らしに関連する物の販売、家の建設補助、施設の建設


 ですが、家に対するこだわりが強い人は、ホームセンターによる家の建設補助ではなく、DIYで作るのが基本となります。近所の人の手を借りるのもいいでしょう。


②五助経済では、病院で勤務する人を除いて、ジョブローテーションが普

 通になります。まとめるとこんな感じです。


役所の職員⇔ごみ収集人⇔不動産販売

スーパーの店員⇔農家

薬剤師⇔新薬研究員

ホームセンターの店員⇔建設作業員


③さらに、この街で生まれた子どもは、五つの組織のどれか一つに必ず属

 して働くことになります。


 以上でしょうか。これは、僕が考えた新しい経済の仕組みです。結構、制約が多いので実現は不可能でしょう。しかし、こういった考えを持つ人もいるんだと思ってくれれば幸いです。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る