ほぼ読み専化してる私が、カクヨム読んでて思うことには

作者 郷ノ上ふみ

98

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

嗚呼..ふみさん、じゃの?

どうも..。
ツイ今しがた、貴女から、定期購読の電報を受け取った、ジジイのタカハシですじゃ。
急にタカハシと告白されても、ふみさんも混乱してしまいますのお。

『アパートメント ヘブン』の偶像、主役のタカハシです..。

コチラのふみさんの私小説、
『ほぼ読み専化してる私が、カクヨム読んでて思うことには』。
チトお邪魔させて頂きました。
この糞ジジイ、『エッセイ』と呼ばれる雑文、実は『私小説』だと思っとるんじゃ。気持ちが入り込んで描くからのお、どうしても本音や本質が、知らず知らずのうちに漏れて来る。じゃが当の作者は気付かない。

ワシは『私小説』が、何よりも好きじゃ。裸の文章だからのお。

トコロでふみさん?
アンタあ、『グロ』い描写は嫌い。と断言しておったが、『アパートメント ヘブン』と云う饅頭の、中身の餡子の部分。

「グロの癌細胞じゃぞ」

今からでも遅くない。
まだ比較的、グロくない他の作家の物語を定期購読して下さいな。



糞ジジイ⭐️タカハシ


★★★ Excellent!!!

 作品の好き嫌いは人それぞれ。
 
 ただ人は、興味のあるモノには積極的に参加しますが、興味のないモノは、スルーします。

 そして、人の好みを作るのは、人それぞれの、人生経験。

 ご自身の経験した職業にも絡めたこの意見は、『どんな人達が作品を読むのか?』を知る為に、大きく役に立つハズです!!