忘却のジュエル

作者 三澤愛世

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話 イプソンの森へのコメント

    https://youtu.be/OxfiPvf1yVU

    忙しくて動画の作成が遅れましたが、動画が出来上がりましたのでご確認をお願いします。もし、内容等に納得がいかない点があれば動画はすぐに削除致します。

    よろしければチャンネル登録をしてくださると助かります。

    今後も執筆活動を頑張ってください!

    作者からの返信

    にんじん太郎様

    お忙しい中、動画を作成して頂きありがとうございます!

    早速動画を拝見致しました。想像以上の素晴らしい内容で、感無量でございます!まさか分かり易い表まで作って頂けるとは!

    今後も注目作品と出逢うために、チャンネル登録をさせて頂きました♪

    詳しい感想は改めて近況ノートにてUPさせて頂きたいと思います。

    本当にありがとうございます!!

    2021年12月18日 21:11

  • プロローグへのコメント

    連絡する場所がないのでこの場を利用して申し訳ありません。

    この作品の紹介動画を作らせてもらいます。動画が出来上がり次第ご確認をお願いします。

    作者からの返信

    にんじん太郎様

    とても嬉しいご連絡をありがとうございます。身に余る光栄です!

    動画の完成が今からとても楽しみです!動画を拝見した際は、近況ノートにて感想をお伝えしたいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    2021年12月13日 17:20

  • 第4話 前兆へのコメント

    企画参加ありがとうございます。

    もう少しじっくり読みたいところなのですが…

    また時間のある時にまいります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ここまでお読み頂いて嬉しいです!

    いつでもお待ちしておりますので、またどうぞいらしてください♪

    2021年12月8日 20:26

  • 第5話 攻撃へのコメント

    はじめまして、マミカと申します。

    わたしの好きそうな作品でゆっくりと読まさせてもらっています。

    アシュリーとレオは同い年なのでしょうか?
    読んでいると、アシュリーの方が歳上な気がして
    年齢の描写を見落としていたら、すいません

    作者からの返信

    初めまして、三澤です。

    年齢の描写、確かにないです(汗)
    今気づきました!教えてくださってありがとうございます!

    アシュリーはレオより歳上です。しっかり者のお姉さんと、元気いっぱいの弟みたいな二人です。

    コメントありがとうございます!早速どこかに食い込ませなくては!


    追記

    第1話にしれっと入れてきました。本当にありがとうございます!

    2021年11月10日 06:58 編集済

  • 第4話 前兆へのコメント

    企画から参りました。

    まだまだ拝読の途中ですが、世界観に
    魅力を感じております。

    どの様な相関性と伏線があるのか
    楽しみながら読みたいです。

    応援してます。

    作者からの返信

    私の稚拙な作品にいらしてくださってありがとうございます。

    この世界に魅力を感じてくださって本当に嬉しいです♪

    やや広げすぎてしまった世界ですが、彼女達が悩みながら懸命に闘う姿を見守っていただけたらと思います。

    コメントありがとうございました!

    2021年10月31日 12:07

  • 第4話 前兆へのコメント

    企画に参加ありがとうございます!
    こちらの話までの感想書かせていただきました。
    気になる引きで終わっていて、気になるのでゆっくりペースになりますが引き続き読みたいと思います。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    稚拙な文章ですが、少しでもこの世界を楽しんでいただけたら嬉しいです♪

    どうぞまた、レーヴェルの世界へいらしてください。

    2021年10月26日 23:43

  • プロローグへのコメント

    読み合いから参りました。

    とても興味をそそられる導入部でした。説明過多な部分は否めませんが、それ以上にこの先の展開が期待できます。

    それぞれのジュエルが今後どのような役割を果たし、そして登場人物にどう影響するのが楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    そうなのです。本編は読みやすいように組んでいるのに、このプロローグだけはどうも説明過多なのです。日々どうしてしまおうか悩み中であります(笑)

    けれど、興味をそそられるというお言葉をいただいて嬉しい限りです!ありがとうございます!

    2021年10月24日 20:31

  • 第1話 イプソンの森へのコメント

    はじめまして!
    この話だけでも色んなシーンがありましたが、特にアシュリーの剣術稽古のシーンが好きです。イプソンの森の豊かな自然の中、音も聞こえないほど集中して剣を振り、一息ついたとたんにどっと音が聞こえるところの雰囲気がとても良くて、アシュリーが魅力的に感じられました(*´▽`)カッコいい!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    何気にこのシーンは、アシュリーの強さの秘訣にも繋がる大切な場面なので、そう言っていただけて嬉しいです♪
    アシュリーはどのキャラよりも力を入れて書いているので、魅力的に感じられて本望です!

    2021年10月22日 00:13

  • 第14話 いざオルファナへへのコメント

    このたびは、自主企画にご参加くださり、ありがとうございました。
    自分は頭が悪いので、プロローグの設定は難しいと感じました。
    それでも、その後のストーリーは割とスムーズな展開だったと思います。
    この後も、折を見て拝読できればと思います。

    個人的には、アシュリーを応援したいですね。
    優しくて頼りになるうえに、誇り高い。とても魅力的ですね!
    この物語の重要な核となる人物だと思いました。

    作者からの返信

    お読みいただき、ありがとうございます!

    あのプロローグはどうにかしないとと思いつつ、まだ改善しきれておらず。すみません!

    書いている本人からしてもアシュリーはホントに頼りになるので、魅力的と言ってもらえて嬉しいです♪

    2021年10月17日 15:25

  • プロローグへのコメント

    「あんまり読まれない作家さん同士で、ちょっとした〝気づき〟を贈り合う企画」
    から来ました。
    私の作品を読んで下さったこと、嬉しい限りです。
    私も一時期ジュエル関連に興味を持っていたことがあったので、続きが気になります!少しづつにはなってしまいますが、読んでいきたいです(*´꒳`*)

    あえて評価すると「ちょっと設定、凝り過ぎてるかなぁ。あたまに入れるのがたいへんだよ」に当てはまってしまう気もします。
    ジュエルの名前はカタカナで長いものが多いので、
    何故そのジュエルを各設定で選んだのかを短くまとめてみるのはどうでしょうか?
    例えばオブシディアンは黒色のジュエルですよね。
    黒、と言ってもらえるだけで、ダーク感というか、闇のパワーを感じられ、
    グッと設定が頭に入ると思います!

    なんだか上から目線な感じで申し訳ありません…
    とても良い小説をありがとうございます!╰(*´︶`*)╯♡

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    説明文のようなプロローグを読んでいただいてすみません(笑)
    そうですね。ダラダラ書いている所をコンパクトにしたら良くなりそうです。
    ありがとうございます!

    2021年10月15日 23:06

  • 第1話 イプソンの森へのコメント

    訪問いただきありがとうございます!
    私も遊びにこさせてもらっちゃいました!!
    これから読み進めます(*´╰╯`๓)♬
    楽しみ(≧◡≦)♡

    作者からの返信

    訪問ありがとうございます!
    少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです♪

    薄井様の作品もゆっくりじっくり読ませていただきたいと思います!

    2021年10月15日 22:31

  • プロローグへのコメント

    三澤 愛世様
    ”気付き“自主企画よりまいりました。
    拙作にコメントを賜り、有り難うございました。

    企画主様のテンプレートをお借りして、
    「ちょっと設定、凝り過ぎてるかなぁ。あたまに入れるのがたいへんだよ」
    でございます。

    プロローグとしては、設定説明の分量が重いのかと。
    全てを咀嚼させていただく前に「覚える、事が、多い!」と感じてしまいました。
    文字数が特別多いとは思われませんので、私の脳のキャパシティが小さいだけかもしれません……失礼いたしました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    やっぱり重いですよね(笑)
    プロローグという名の説明文になってしまいまして。
    もう少しどうにかならないか、考えてみようと思います。

    2021年10月15日 22:05

  • 第2話 次期『ジュエル』へのコメント

    「ちょっと設定、凝り過ぎてるかなぁ。あたまに入れるのがたいへんだよ」

    自主企画からきました。
    確かに王道だと思いました。
    文章も丁寧で安心して読み進められました。

    「ちょっと設定、凝り過ぎてるかなぁ。あたまに入れるのがたいへんだよ」を選びましたが、個人的には十分わかり易かったです。ただ投稿サイトの読者さんは、こういう〝世界設定という作中の前提の上に物語の動機付けがなされる〟ことを嫌う人は多いようですので、敢えて送ってます。
    私個人としてはしっかりと設定がなされ、物語世界を説明し、登場人物の動機付けに繋がっているなあ、と思うので問題無しなのですが。



    以下、追記です。
    仰る通り〝「需要と供給」〟のお話です。(笑顔)
    でも需要がまったくないとは思わないです。
    少なくと私は、こういう創り込んだ世界観は好きですし。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    私の読解力がなかったら申し訳ありません。
    私の小説は、いわゆる「需要と供給」が合わないのかなと捉えました。

    やっぱり小説はサクサク読みたいですよね。この作品、作者が頭を使うんですもん(笑)

    2021年10月15日 21:15

  • プロローグへのコメント

    第六回【コメントし合う交流企画】から来ました。
    個人的な話ですが、実は自分もかつて宝石の名前をキャラ名や用語として活用した作品を書いた事がありまして、妙に親近感を抱きました。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます。

    宝石を題材にされたことがあるんですね。親近感が湧きます!

    私は宝石に詳しくないのに『こういう話を書きたい』と思い、必死にネットで調べました(笑)

    良い思い出です。

    2021年10月8日 22:10

  • 第18話 エルフの覚悟へのコメント

    キャラ一人一人の個性があって、とても面白いです!!

    作者からの返信

    名前様

    コメントありがとうございます。

    こんな長くなってしまった小説をご覧いただいて、本当に嬉しいです。

    この世界のキャラクターには、一人一人思い入れがあります。

    楽しんでいただけたら本望です!

    2021年10月2日 21:07

  • プロローグへのコメント

    読み合いで来ました!

    作者からの返信

    返信が遅くなってしまいすみません!
    (正直に言いますと、他の方とコメントが重なっており、別の方からのコメントだと今気づきました)


    コメントをいただき、ありがとうございます。

    この作品に触れていただいて嬉しいです♪

    2021年9月30日 09:28

  • 第3話 イプソンの村へのコメント

    またきます!

    作者からの返信

    コメントをいただき、ありがとうございます。

    少しでもこの作品を楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。

    またお待ちしております♪

    2021年9月27日 04:40

  • プロローグへのコメント

    読み合いできました!

  • すべてのエピソード 18
  • プロローグ 7
  • 第1話 イプソンの森 3
  • 第2話 次期『ジュエル』 1
  • 第3話 イプソンの村 1
  • 第4話 前兆 3
  • 第5話 攻撃 1
  • 第6話 捜索
  • 第7話 脱出
  • 第8話 ヴェネシス王国
  • 第9話 入城
  • 第10話 決意と謁見
  • 第11話 忠誠の行方
  • 第12話 作戦会議
  • 第13話 船上
  • 第14話 いざオルファナへ 1
  • 第15話 協力
  • 第16話 新たな自然の地
  • 第17話 エルフの住む里
  • 第18話 エルフの覚悟 1
  • 第19話 ラキの胸中
  • 第20話 闘うか守るか
  • 第21話 一日の終わり
  • 第22話 束の間の休息
  • 第23話 貴い命令
  • 第24話 血に染まる里
  • 第25話 命尽きるまで
  • 第26話 追跡
  • 第27話 受け継がれるもの
  • 第28話 手中に収める者
  • 第29話 イプソンの夜
  • 第30話 弔いの炎
  • 第31話 アレックスの回想
  • 第32話 任務遂行の陰
  • 第33話 吊るされた裏切り者
  • 第34話 推察と脱走劇
  • 第35話 ひとときの別れ
  • 第36話 『ジュエル』の生存
  • 第37話 アシュリーとレオの約束
  • 第38話 君主の復活
  • 第39話 一戦の後
  • 第40話 一矢報いる
  • 第41話 執務室の密談
  • 第42話 彼らの共通点
  • 第43話 心の葛藤
  • 第44話 月明かりの兄弟
  • 第45話 前髪の奥の瞳
  • 第46話 アレックスの選択
  • 第47話 たとえ離ればなれになっても
  • 第48話 新たな旅立ちの朝
  • 第49話 帰還と再会
  • 第50話 新たな刺客
  • 第51話 衝突
  • 第52話 二人の正義
  • 第53話 約束の花畑
  • 第54話 サランの里
  • 第55話 魔法の家
  • 第56話 安らぎの時間
  • 第57話 希望の光
  • 第58話 サランの夜の出来事
  • 第59話 月夜の歩廊
  • 第60話 長の居場所
  • 第61話 ルモアへ潜入
  • 第62話 リンの捜索
  • 第63話 暗躍の影
  • 第64話 踏みにじられた罠
  • 第65話 赤く貫かれた想い
  • 第66話 今が決意の時
  • 第67話 闇の代償
  • 第68話 切望の再会
  • 第69話 目覚めの朝
  • 第70話 喧騒の街
  • 第71話 傷負う者達の攻防
  • 第72話 眠れる彼女
  • 第73話 表裏一体の光と闇
  • 第74話 そして二十年前の真相へ
  • 第75話 今語られる真実
  • 第76話 星舞う夜に二人は紡ぐ
  • 第77話 時が満ちて剣は光り輝く
  • 第78話 荒廃の城跡
  • 第79話 火蓋は突然切られる
  • 第80話 想いの錯綜する扉の先へ
  • 第81話 決戦は荒野で幕が上がる
  • 第82話 忠誠と謀反の衝突
  • 第83話 惨劇からの救命
  • 第84話 魔術師と騎士の意地
  • 第85話 死者との共闘
  • 第86話 満を持して登場
  • 第87話 残された黄色い羽根
  • 第88話 一進一退の猛然たる攻防
  • 第89話 継承
  • 第90話 ジュエルの覚醒
  • 第91話 姉弟の仇討ち
  • 第92話 集結
  • 第93話 消された最期の足掻き
  • 第94話 緑色と赤色の献呈
  • 第95話 闇が生きる火山
  • 第96話 決着
  • 第97話 永訣
  • 第98話 降臨
  • 第99話 光の射す未来へ 前篇
  • 第100話 光の射す未来へ 後篇
  • エピローグ