Misty Night

作者 かざき

『白銀の月』(終)」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  ユラのしていることが悉く間違っていても,フィーアは「自分のためにしてくれている」と思って,ユラを愛してしまっていることが,美しくもあり,切なくもあります.
     「街の女の子を攫えば,自分が奪われたものを取り戻せる」,という嘘をフィーアはなぜ思いついてしまったのかは謎のままです.

    作者からの返信

    @hoge1e3さま

    素敵な感想をありがとうございます。
    二人とも、いい意味でも悪い意味でも純粋なんですよね。
    女の子たちを攫えば取り戻せるというのは、フィーアが直接言ったのではなく、『奪われた』という言葉からユラが拡大解釈(笑)したのですが、ちょっと分かりにくかったかも。
    もう少しわかりやすい文章を書けるよう頑張りますね♪

    いつもコメントをありがとうございます!

    2022年4月13日 08:29