第2話『王達の宴』

「おはよ。目が覚めたみたいだね」


聞き覚えがある声がして、俺は顔を上げた。暗がりの中を目を凝らして見ると、そこに居たのは黒色のパーカーを着た青髪の美少女だった。彼女は壁にももたれていた俺を可憐な笑みを浮かべながら見下ろしていた。


「ここは……。何処だ?そもそも、俺一体何をして――」


「あれ?僕のこと忘れちゃった?僕だよ僕、レギナだよ」


レギナ、何処か引っかかるその単語の正体を探ろうと、俺は記憶を探った。確か、俺は自宅に帰って、ドアポストを覗いて、そしてそれから――


「――!?そうだ、思い出した。俺は、確かお前に殺されて……。でも、なんで生きているんだ?」


あの地獄のような苦しみ、たしかに俺は死んだはずだった。それとも、ギリギリで生きていたのだろうか。試しに傷があった場所を触ってみたが、特に何も無かった。服をめくっても、そこに傷跡は確認出来なかった。


「ふふっ。驚いた?死者蘇生ってやつ?最近の文明の利器は本当にすごいよねぇ」


レギナはおどけた口調でそう言った。やはり、その態度には掴み所がなく、まるで雲のようであった。


「さてと、最後の一人も無事目覚めたところだし、早速始めますか」


レギナはそう呟いた後、そそくさと俺の前から消えていった。周囲が暗いせいで周りの状況が掴めずにいる。一体、これから何が起こるというだろうか。唯一分かることは、さっきから人の気配を感じるということだ。それも、一人や二人ではない。もっともっと大勢の人の気配が、俺の周りを取り囲んでいた。


その時だった。突然パッと周囲が明るくなったかと思えば、俺の予想を遥かに凌駕する程の数の、老若男女問わず多種多様な人々がそこには居た。恐らく数千人は下らないだろう。皆俺がそうしたように、この状況を目の当りにして唖然としていた。


「何なんだよこれは――」


俺は周囲を見渡した。まるで体育館のようなだだっ広いホール、そこに俺と同じような状況の人々が、状況を理解出来ずにいるようだった。強いているならこの状況は、まるで何かのパーティーやゲーム、イベントなどの開始前のようであった。


「あーあー。マイクテスト、マイクテスト。よし、とりあえずは大丈夫そうだね」


何処からか流れたすっかり聞きなれた少女の声に、俺は自然と身構えていた。だが、それは他の人々は必ずしもそうである訳ではなかった。


「ふふっ。みんな、一体これはどういうこと!?って心境だね。うんうん分かるよ。僕が同じような状況だったら、絶対にそう思っちゃうもん。けど、安心して。なにもみんなに害を及ぼそうって訳じゃないんだ。むしろその逆だよ。だってみんなは“選ばれた”んだもん」


「選ばれた……。まさか、あの手紙が――!?」


思えば、タイミングが良すぎたのだ。何故、あの手紙が俺の元へ届いた日に、レギナ俺の家にいたのか。盲点だった。まさかアレが本物だったなんて。


「何人かはもう気付いたみたいだね。そう、みんなに送ったあの手紙、あれが招待状だったんだよ。そして、これから始まるのは――」


周囲の反応は分かる範囲でもマチマチだった。驚愕する者や、予想通りとでもいうような反応を示す者。中には、この状況に恐怖する者やソワソワしているような者まで居た。


「王様ゲーム、さ」


溜に溜めたレギナの口から放たれたのは、拍子抜けするようなワードだった。王様ゲームといえば、合コンなどで定番のパーティーゲームの一種だ。基本的にはクジ引きで王様を決め、王様になった者は他のプレイヤーに対して命令を一つだけ下すというやつだ。まさか本当に王様ゲームをやる為だけに、この大人数を集めたのだろうか。


否、それは違うだろう。それは、一度彼女に殺された俺だから分かることだ。彼女は一件温厚そうに見えて、その実は冷酷。きっとこの件にも何か裏があるはずだ。


「王様ゲームって言っても、みんなが想像するようなゲームじゃないよ?まあ、分かりやすく言えば決闘だね。」


やはり、俺の予想は正しかった。しかし、決闘と王様ゲームに一体何の関係があるというのだろうか。それならば回りくどいことはせずに、直接決闘と言うべきではないだろうか。


「みんな疑問に思うよね、なんで決闘を王様ゲームって言うのかって。勿論、それにはちゃんと理由があるんだ。みんな気付いてないかもだけど、今みんなには特別な能力が備わっているんだ。その名も、『王権』さ。」


俺の思考を読んだのか否か、レギナは王様ゲームついて簡潔ながら、かなり重要な説明を語った。王権、即ち王に与えられし権限。それが人智を超えた能力という訳か。


そして、それは俺にも宿っている。にわかには信じがたいが、信じざるを得ない状況だ。ここに来て既に、悪い冗談と呼べる範疇はんちゅうはとうに過ぎているのだ。


「王権を持った者達による、真の王を決める大合戦。それが、王様ゲームだよ。さて、では早速スタート――。と、言いたいところだけど、みんなにも準備期間が必要だろうから、開幕は今日から一週間後、その時に更に細かいルールを伝えるね。では、解散!」


レギナが解散の意を示した瞬間、俺を含めたこの場にいる全ての人間の意識は、段々と深い闇の中へと引きずり込まれていった――


闇に引きずり込まれる僅かな瞬間、俺の中には一つの情報が流れ込んで来た。普通ならありえないことなのだが、何故か俺はすんなりとそれを受け入れていた。そしてわかった。それが、俺の王権についてのことなのだと。


「これは、癖が強すぎるだろ……」


そのあまりに無茶苦茶な能力に、俺は笑うしか無かった。最も、意識の大半は既に闇に呑まれている為、その笑いは俺の内に留まるだけに過ぎなかった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る