稀代の魔導士は皇太子の溺愛に微笑む

作者 茄子@物書きメイド

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全37話

更新

  1. プロローグ
  2. 皇国との関係
  3. その頃国王は(他者視点)
  4. 訪問者は突然に
  5. この親にして……
  6. 知りたくありませんでした
  7. お披露目の夜会
  8. 竜の巣
  9. 報告時のひと騒ぎ(他者視点)
  10. 心配でたまらない(他者視点)
  11. ぴぃちゃんは強いのです
  12. 揉んでおります
  13. 聖女のお披露目(他者視点)
  14. 皇太子妃としてのお仕事
  15. 原石の回収をいたしましょう
  16. 真相って怖い
  17. 『誓い』と『呪い』(他者視点)
  18. 外交官失格
  19. 喧嘩を売りにいらしたの?
  20. やはり宣戦布告ですか?
  21. 無血開城って難しいですね
  22. 続編なのかしら?(他者視点)
  23. 召喚された時(他者視点)
  24. そろそろ宣戦布告
  25. あっさりした戦争
  26. どうして帰らないのでしょう?
  27. 戦後処理
  28. 愉悦の王妃(他者視点)
  29. 後宮編は嫌なのよね(他者視点)
  30. そう言われましても
  31. どうしてこんな目に(他者視点)
  32. 増えました(遠い目
  33. そうなりますよね
  34. 美味しい飲み物(他者視点)
  35. どうしてそうなりますの
  36. 婚儀の夜会で
  37. ハードルが高い