異世界忍者はナリユキまかせ

宗谷ソヤナー

第1章 異世界忍者、現る

第1話 女神の神殿(1)

 気がつくと、オレは全裸だった。

 何だ、この状況は?

 どうして、こうなった?

 ……思い出せない。記憶をたぐり寄せる。ええと……。


「大丈夫ですか?」


 前から声が聞こえる。透き通るように澄んだ女性の声。

 そこには、美しい女性がいた。

 紫色の長い髪に、青い瞳。着物に似た白い服をまとっている。木製のテーブルの後ろで高級そうな椅子に座っている。

 一体、これはどういう状況なんだ……? ダメだ、混乱してしまう。

 だが、一つだけ気付いた事がある。

 前を隠さないと!

 オレは慌ててその場にしゃがみ込んで、それを隠した。


「どうやら、今の状況がまだ理解できていないようね。」


 女性が、ため息をつきながら言った。

 オレは、この女性を知らない。初めて見る顔だ。


「あ、あなたは、誰……?」

 

 少し震える声で尋ねる。髪の色からして、とても日本人とは思えない。


「私の名はフェリオ。女神です。」

「…………は?」


 思わず、間の抜けた返事をしてしまう。


「女神!? 人間じゃないの?」

「そう! 私は女神! とっても偉いんだから!」


 女性はそう言って胸を張る。自分で偉いって言っちゃうの!? なんか女神にしては性格が軽いな……。


「今から私が状況を説明するわ。よお~く聞いててね?」


 女神が人差し指を立ててウインクしてみせる。ノリが軽いのが気になるが、今は話をちゃんと聞いておかないといけない。


「あなた……ナリユキ君はね、高校のキャンプ活動中、つり橋を渡ろうとしたんだけど、橋の木の一部が腐っていて、真っ逆さまに湖へ転落しちゃったの。そのまま湖の底に沈んでいったら当然死んじゃうんだけど、女神である私が君をこの神殿に転移して、命を救ってあげたわけ! 感謝してよね!?」


 えええ……何それ……。


「ちょっと待ってよ! じゃあ、この後オレはどうなっちゃうの!?」


 さすがに焦る。確かにオレはあのまま湖に沈んで気を失ってしまったが、いきなりこんなワケのわからない場所に連れて来られて、一体どうしろと言うのか?


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る