契りの色(しき)

作者 灯比野ヒビキ

妖怪漫画に浪漫を抱いた皆様に贈りたい――

  • ★★★ Excellent!!!

 人の営みの裏側で跋扈する怪異たち。彼らはただ、人とは異なる原理と道理によっていき、時に人を害します。
 その怪異に立ち向かうは、苛烈な境遇があれどおのれの任務を果たそうと奮起する退魔師の少年だった――どうでしょうか? 往年の少年向け妖怪漫画を想起させるような、心躍る内容だと感じませんか?

 人間と妖怪の闘いをワクワクしながら読んでいた人向けの物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

斑猫さんの他のおすすめレビュー 143